定期予防接種の種類と実施方法

子どもの予防接種

 定期予防接種である四種混合(ジフテリア、百日ぜき、破傷風、不活化ポリオ)、麻しん(はしか)・風しん混合、日本脳炎、BCGなどの予防接種を、病院や診療所等で個別接種方式で実施します。

 予防接種は、予防接種法によって対象疾病、対象者及び接種時期などが定められています。詳しくは、下記の表をご参照ください。

 予防接種には、必ず「母子健康手帳」を持って医療機関で受診しましょう。

(注意)

 平成24年9月からポリオの不活化ワクチンが、同年11月から四種混合ワクチン(ジフテリア、百日せき、不活化ポリオ、破傷風)が導入されました。

 このような状況から、それぞれのワクチンにおいては十分な供給量が確保できているため、三種混合ワクチン(ジフテリア、百日せき、破傷風)が通常の市場において販売中止となりました。ただし、接種自体が中止となるわけではないため、三種混合で接種を進めている人で、接種が完了していない場合は、早めの接種をご検討ください。

 既に四種混合ワクチンを接種している場合は、三種混合ワクチンを接種する必要はありません。三種混合ワクチンの在庫がなくなった場合は、四種混合ワクチンに切り替えて接種することになります。その場合は既に接種した不活化ポリオワクチンの回数と四種混合ワクチンの回数の合計が4回を超えてはなりません。

予防接種の対象者(接種時期)

【乳幼児を対象に行う予防接種】

接種は標準年齢の期間に行うことをお勧めします。

予防接種対象者(実施時期)
種類 対象年齢 接種回数 標準年齢(標準的接種年齢) 接種間隔 他の種類のワクチンが接種できるまでの間隔
三種混合
四種混合
1期 生後3月から生後90月に至るまでの間にある者 初回3回 生後3月に達した時から生後12月に達するまでの期間 20日以上、標準的には20日から56日までの間隔 6日以上
追加1回 初回接種終了後12月から18月までの期間
ポリオ(不活化)
 
1期 生後3月から生後90月に至るまでの間にある者 初回3回 生後3月に達したから生後12月に達するまでの期間 20日以上 6日以上
追加1回 初回接種終了後12月から18月までの期間
麻しん・風しん混合(MR) 1期 生後12月から生後24月に至るまでの間にある者 1回 早期の接種機会を確保すること 27日以上
2期 5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学前の始期に達する日の一年前の日から当該始期に達する日の前日までの間にある者 1回 早期の接種機会を確保すること
日本脳炎 1期 生後6月から生後90月に至るまでの間にある者 初回2回 3歳に達した時から4歳に達するまでの間 6日以上、標準的には6日から28日までの間隔 6日以上
追加1回 4歳に達した時から5歳に達するまでの期間(1期初回終了後、6月以上、標準的にはおおむね1年置く。)
BCG 生後1歳に至るまでの間にある者 1回 生後5月に達した時から生後8月に達するまでの間 27日以上
ヒブ 生後2月から生後60月に至るまでの間にある者 詳細は下記のとおり 6日以上
小児用肺炎球菌 生後2月から生後60月に至るまでの間にある者 6日以上
水痘 生後12月から生後36月に至るまでの間にある者 初回1回 生後12月から生後15月に至るまでの期間 27日以上
追加1回 初回接種終了後3月以上、標準的には初回接種終了後6月から12月に至るまでの間隔 27日以上
B型肝炎 平成28年4月1日以降に生まれた、生後1歳に至るまでの間にある者 3回 生後2月から生後9月に至るまでの期間 6日以上
1回目接種終了後27日以上 6日以上
1回目接種終了後139日以上 6日以上

~ポリオ(不活化)ワクチン(単独)~

  • ポリオ(不活化)ワクチン(単独)は、平成24年9月から全国一斉導入しました。
  • 生ポリオワクチンを接種した人は、その接種回数によって不活化ポリオワクチンの接種回数が変わりますのでお問い合わせください。

ヒブ

ヒブ予防接種対象年齢
接種開始 接種回数 接種間隔
生後2月から生後7月に至るまでの間(標準) 初回3回 27日以上、標準的には27日から56日までの間隔
(注意)初回の2回目及び3回目は生後12月に至るまでに行うこと。
追加1回 初回接種終了後7月以上、標準的には7月から13月までの間
生後7月に至った日の翌日から生後12月に至るまでの間 初回2回 27日以上、標準的には27日から56日までの間隔
(注意)初回の2回目は生後12月に至るまでに行うこと。
追加1回 初回接種終了後7月以上、標準的には7月から13月までの間
生後12月に至った日の翌日から生後60月に至るまでの間 1回

小児用肺炎球菌

小児用肺炎球菌予防接種対象年齢
接種開始 接種回数 接種間隔
生後2月から生後7月に至るまでの間(標準) 初回3回 標準的には生後12月までに27日以上の間隔
(注意)初回の2回目及び3回目は生後24月に至るまでに行うこと。
追加1回 初回接種終了後60日以上の間隔をおいた後であって、生後12月に至った日以降
(標準的には生後12月から生後15月に至るまでの間)
生後7月に至った日の翌日から生後12月に至るまでの間 初回2回 標準的には生後12月までに27日以上の間隔
(注意)初回の2回目は生後24月に至るまでに行うこと。
追加1回 生後12月以降に、初回接種終了後60日以上
生後12月に至った日の翌日から生後24月に至るまでの間 2回 60日以上
生後24月に至った日の翌日から生後60月に至るまでの間 1回

【小学生を対象に行う予防接種】

二種混合、日本脳炎2期対象年齢
種類 対象年齢 接種回数 標準年齢(標準的接種年齢)
二種混合 2期 11歳以上13歳未満の者 1回 11歳に達した時から12歳に達するまでの期間
日本脳炎 2期 9歳以上13歳未満の者 1回 9歳に達した時から10歳に達するまでの期間
  • 二種混合は、ジフテリアと破傷風の混合ワクチンです。

日本脳炎定期予防接種

 平成17年度から平成21年度までの間に日本脳炎の接種機会を逃した人のうち、次の特例対象者に該当する人は接種時期が緩和されました。

・特例対象者
 平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの人

・接種期間
 20歳未満の間に、定期予防接種(無料)として接種できるようになりました。
(今まで定期接種ができなかった7歳6か月から9歳未満、13歳以上20歳未満の人でも接種ができるようになりました)

・1期接種を1回も受けていない場合は、通常の実施方法で受けられます。
(通常=1期初回は6日~28日間隔で2回、1期追加接種はその後おおむね1年の間隔で1回)

・1期初回接種・1期追加接種が不十分な場合は、6日以上間隔をおいて残りの回数の接種を行ってください。

・2期接種は、1期(3回)接種を終えた9歳以上の人で、6日以上間隔をおいて受けるようお勧めします。

【中学生・高校生を対象に行う予防接種】

子宮頸がん予防接種

 ワクチン接種後に、長期的な痛みやしびれの副反応を受け、厚生労働省は平成25年6月から、積極的な接種勧奨(呼び掛け)を差し控えています。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 保健医療係
〒877-0003 大分県日田市上城内町1番8号(日田市総合保健福祉センター「ウェルピア」1階)
電話番号:0973-24-3000(直通)
ファックス番号:0973-24-0321

メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年03月25日