不妊治療費助成事業

 市では、不妊治療を受けているご夫婦の経済的負担の軽減を図るため、治療費の一部を助成しています。

助成対象者

 婚姻1年以上で不妊治療を受けたことがある人、かつ夫婦

注意:夫婦共に日田市に1年以上居住していて、市税を完納している人(仕事等、やむを得ない理由により一方が日田市に居住の場合、近い将来夫婦が居住する見込みがある場合は対象となります)

助成対象費用

下記の医療保険適応外の不妊治療費。

助成の対象になる治療項目・内容
治療項目 治療内容 備考
特定不妊治療のうち
凍結胚移植 (採卵なし)
以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施したもの。  
人工授精 精液を子宮内に直接注入し、精子と卵子を受精させる治療。  
治療中止(採卵あり) 体調不良により、移植の目途が立たず治療を終了したもの。  
凍結保存料 採卵を伴わない凍結胚移植に必要となる受精胚の凍結保存料。
(直近1年間のもの)
 
大分県不妊治療費助成事業対象外
【注意】夫婦の合算所得730万円以上
【注意】妻の治療開始年齢43歳以上
  (平成28年4月から)
前年の所得合計が730万円以上の夫婦が行った特定不妊治療。
及び妻の年齢が43歳以上の夫婦が行った特定不妊治療。
 

【注意】入院費、食事代等、治療に直接関係のない費用は除きます。

【注意】特定不妊治療(体外受精・顕微受精)、男性不妊治療費(手術的精子回収術)については、「大分県不妊治療費助成事業」等における指定医療機関で行った治療とします。

助成額と助成期間

 1年度につき助成対象費用の2分の1

 ただし、1年度10万円を限度とし、通算で5年度を限度とします。

【注意】「大分県不妊治療等助成事業」等の制度を優先的に活用していただきます。

申請期間

 治療を受けた日の属する月末から1年以内

関連リンク

  • 大分県ホームページ(不妊でお悩みのみなさまへ)へ(外部リンク)
この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 健康支援係
〒877-0003 大分県日田市上城内町1番8号(日田市総合保健福祉センター「ウェルピア」1階)
電話番号:0973-24-3000(直通)
ファックス番号:0973-24-0321

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2017年04月17日