65歳以上の方の介護保険料(平成27年度から平成29年度)

 介護保険の被保険者は40歳以上の方全員で、65歳以上の第1号被保険者と40歳以上65歳未満の第2号被保険者に分けられます。

 第2号被保険者は加入している医療保険に上乗せして徴収され、第1号被保険者は医療保険とは別に介護保険料として納めます。

 なお、第2号被保険者から第1号被保険者に変わるのは65歳の誕生日の前日となります。

算定方法

 65歳以上の人の介護保険料は、賦課期日(通常は4月1日ですが、年度途中に65歳になった人は誕生日の前日、転入した人は転入した日)現在の本人及び世帯員の市町村民税課税状況や所得金額等によって、9段階で保険料が賦課されます。

平成27年度から平成29年度の各年度に収めていただく保険料(年額)は以下のとおりです。

所得段階 割合 年額
第1段階 生活保護被保護者、世帯全体が市民税非課税の老齢福祉年金受給者、世帯全員が市民税非課税かつ本人年金収入等80万円以下 0.45 27,100円
第2段階 世帯全員が市民税非課税かつ本人年金収入等80万円超120万円以下 0.63 37,940円
第3段階 世帯全員が市民税非課税かつ本人年金収入等120万円超 0.75 45,170円
第4段階 本人が市民税非課税かつ本人年金収入等80万円以下 0.83 49,980円
第5段階 本人が市民税非課税かつ本人年金収入等80万円超

1.00

(基準額)

60,220円
第6段階 市民税課税かつ合計所得金額120万円未満 1.20 72,260円
第7段階 市民税課税かつ合計所得金額120万円以上190万円未満 1.30 78,290円
第8段階 市民税課税かつ合計所得金額190万円以上290万円未満 1.50 90,330円
第9段階 市民税課税かつ合計所得金額290万円以上 1.75 105,390円

徴収方法

 徴収方法は、特別徴収か普通徴収のいずれかになります。

 特別徴収の方は年金からの天引き、普通徴収の方は市が発行する納付書又は口座振替で納めることになります。

【特別徴収】

 日田市の第1号被保険者で、年金の収入額が年間18万円以上の方。ただし、年度途中(4月2日以降)の65歳到達や転入で、日田市の第1号被保険者になった場合や既に特別徴収されていても現況届の提出が遅れ、年金が差止された場合等は、いったん普通徴収となります。

 また、複数の年金を受給している場合の天引きする年金は、国民年金・厚生年金・共済年金の順で決定します。

【普通徴収】

 日田市の第1号被保険者で、特別徴収以外の方。

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 長寿福祉課 介護保険係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所1階)
電話番号:0973-22-8264(直通)
ファックス番号:0973-22-8258

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2018年01月18日