新生児聴覚スクリーニング検査費の助成開始について

新生児聴覚スクリーニング検査とは

赤ちゃんの耳の聞こえをみるもので、さらに精密な検査が必要な状態であるかを確認します。

早期発見、適切な支援

 生まれつき聞こえ(聴覚)に問題がある赤ちゃんは、1,000人に1~2人といわれています。早期に発見し、適切な支援をすることで、言葉の発達の遅れやコミュニケーションがとりにくいなどの支障を少なくすることができます。

【注意】原則生まれた医療機関で入院中に行います。

検査方法

  • 自動ABR検査(脳からの電気的反応を検査する方法)
  • OAE検査(音に反応して内耳からかえってきた反響音を検査する方法)

【注意】医療機関によって検査方法が異なります。

受診方法

  • 妊娠届出時、妊婦健診受診票と一緒に、受診票をお渡しします。
  • 受診票を使用して、入院中の医療機関で検査を受けてください。(平成29年度に妊娠届出をされた方は、県内の産科医療機関で直接手続きができるようになっています。)

助成額

 平成30年4月1日以降に生まれた赤ちゃんに対して、聴覚スクリーニング検査費の助成を行います

  • 自動ABR検査は5,000円
  • OAE検査は2,500円

【注意】助成回数は1回

大分県・福岡県以外の医療機関で検査を受けた方へ

 里帰り出産等で大分県・福岡県以外の医療機関で検査を受けた場合は、いったん検査費用を全額自己負担し、後日申請してください。助成額は上記が上限となります。

申請期限

検査日から1年以内

必要なもの

 新生児聴覚スクリーニング検査費助成金交付申請及び請求書、領収書、診療明細書、母子健康手帳、印鑑、振込先口座情報

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 健康支援係
〒877-0003 大分県日田市上城内町1番8号(日田市総合保健福祉センター「ウェルピア」1階)
電話番号:0973-24-3000(直通)
ファックス番号:0973-24-0321

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2018年05月15日