10月から幼児教育・保育の無償化が始まります!

認定こども園・保育園

対象者

  • 3歳から5歳(小学校入学前)までの全ての子供

【注意】4月1日現在の年齢です。

【注意】年度途中で1号認定の支給認定を受けた子供は、無償化の対象となります。

  • 0歳から2歳までの子供のうち、住民税非課税世帯の子供

無償となる費用

  • こども園、保育園等の利用料

【注意】通園送迎費、食材料費、行事費などは、これまで通り保護者の負担となりますが、年収360万円未満相当の世帯については、給食費の内、副食費が無償となります。

【注意】1号認定児童は小学3年生までのきょうだいの内第3子目以降、2号認定児童は未就学児までのきょうだいの内第3子目以降の副食費が無償となります。

認定こども園での一時預かり事業(幼稚園型)について
  • 1号認定児童の内、当該年度の4月1日時点で3歳以上であり、保育の必要性がある子供は、一時預かり事業(幼稚園型)の利用料が無償となります。(上限1.13万円)

【注意】年度途中で満3歳になる2歳児は、翌年度の4月1日から無償となります。ただし、住民税非課税世帯の子供については、満3歳になった翌月から、無償となります。(上限1.63万円)

【注意】利用日数によっては、一部保護者負担が発生する場合があります。

申請方法について
  • 一時預かり事業(幼稚園型)の無償化には、就労等の要件がありますので、利用している施設を通じて、申請書と就労証明等の提出をお願いします。
  • 通常の保育料及び副食費の無償化は、申請の必要はありません。

 

認定こども園、保育園等
利用料

一時預かり事業

(幼稚園型)

保育の必要性がある3~5歳児

無償

無償

(上限1.13万円)

保育の必要性がない3~5歳児

無償 有償

1号認定の満3歳児

(3歳になった日から最初の3月31日までにある子供)

無償 有償

保育の必要性がある住民税非課税世帯の1号認定の満3歳児

(3歳になった日から最初の3月31日までにある子供)

無償

無償

(上限1.63万円)

保育の必要性がある住民税非課税世帯の0歳~2歳児

無償

一時預かり事業(一般型)、ファミリーサポートセンター事業、病児・病後児保育事業、認可外保育施設

対象者
  • 3歳から5歳までの子供の内、認定こども園・保育園等に入園していない保育の必要性がある子供(月額上限3.7万円)

【注意】年度途中で満3歳になる2歳児は、翌年度の4月1日から無償となります。

  • 0歳から2歳までの子供の内、認定こども園・保育園等に入園していない保育の必要性がある住民税非課税世帯の子供(月額上限4.2万円)

【注意】認可外保育施設については、利用する施設によっては無償化の対象とならない場合があります。

申請方法
  • 上記のサービスの無償化対象となるためには、「保育の必要性の認定」を受ける必要がありますので、必要な証明等をご準備の上、直接市の窓口で申請を行ってください。
請求方法
  • 上記のサービスを利用した場合、利用料を一度利用施設に支払い、後日市の窓口で還付の請求を行う必要があります。利用施設から受け取った「領収書」及び「保育の提供証明書」を持参して、市の窓口までお越しください。
 
  • 一時預かり事業(一般型)
  • ファミリーサポートセンター事業
  • 病児・病後児保育事業
  • 認可外保育施設

保育の必要性がある3~5歳児

無償

(上限3.7万円)

保育の必要性がない3~5歳児

有償

満3歳児

(3歳になった日から最初の3月31日までにある子供)

有償

保育の必要性がある住民税非課税世帯の満3歳児

(3歳になった日から最初の3月31日までにある子供)

無償

(上限3.7万円)

保育の必要性がある住民税非課税世帯の0歳~2歳児

無償

(上限4.2万円)

【注意】認定こども園・保育園を利用していない子供が対象です。

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 こども未来課 子育て支援係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所1階)
電話番号:0973-22-8317(直通)
ファックス番号:0973-22-8258

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2019年08月05日