障がい者の公共料金割引制度

 障がい者の公共料金割引制度についてご案内します。

種類・内容・手続

種類・内容・手続
割引種類 内容 手続等
JR旅客運賃  介護者(1人)と同乗する第1種身体及び知的障がいのある方や児童は、本人・介護者共に5割の割引。
 身体及び知的障がいのある方が単独で乗車する場合は、普通乗車券で100キロメートルを超える場合に限って5割の割引。(第1種、第2種を問わない)
 また、12歳未満の第2種身体及び知的障がい児が定期乗車券で介護者と同乗する場合も、介護者の運賃が5割引となります。
 各窓口等で乗車券を購入する際又は料金を支払う際に、手帳の提示が必要です。
航空運賃  第1種身体及び知的障がいのある方や児童が介護者(1人)と同乗する場合、本人・介護者共に、各航空会社の定めた割引率が適用されます。
 また、第2種身体及び知的障がいのある方や児童の利用についても、同じ割引率が適用されます。
 割引の対象となる障がいのある方や児童は12歳以上で、日本航空、全日本空輸などの定期航空路線(国内便)に限られます。
タクシー運賃  身体障害者手帳、療育手帳、精神保健福祉手帳(写真付)を所持する方に対して1割の運賃割引があります。
バス運賃  身体障害者手帳を所持する方並びに第1種身体障害者の方については、本人及び介助者又は療育手帳を所持する方に対して5割の運賃割引があります。
有料道路通行料金  身体障がい者自ら運転する自動車又は第1種身体及び知的障がいのある方や児童を同乗させてその家族が運転する自動車に対して、有料道路通行料金が5割引となります。  市社会福祉課障害福祉係で事前に手続が必要です。
NHK放送受信料  身体・療育・精神の手帳を所持する方のいる世帯で、世帯構成員全員が住民税非課税の場合は全額免除の対象となります。
 世帯主が視覚障がい者若しくは聴覚障がい者(1~6級)の手帳又は重度の障害者手帳を持っている場合は半額免除の対象となります。
 市社会福祉課障害福祉係で証明を受ける必要があります。
この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 社会福祉課 障害福祉係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所1階)
電話番号:0973-22-8290(直通)
ファックス番号:0973-22-8258

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2017年03月22日