被災者支援(災害援護資金・住宅再建支援金)

災害援護資金

【限度額】

  • 療養に要する期間がおおむね1月以上である世帯主の負傷があり、かつ、次のいずれかに該当する場合
  1. 家財についての被害金額がその家財の価額のおおむね3分の1以上である損害(以下「家財の損害」という)及び住居の損害がない場合 150万円
  2. 家財の損害があり、かつ、住居の損害がない場合 250万円
  3. 住居が半壊した場合 270万円
  4. 住居が全壊した場合 350万円
     
  • 世帯主の負傷がなく、かつ、次のいずれかに該当
  1. 家財の損害があり、かつ、住居の被害がない場合 150万円
  2. 住居が半壊した場合 170万円
  3. 住居が全壊した場合(エの場合を除く) 250万円
  4. 住居の全体が滅失した場合 350万円
     
  • 世帯主負傷で住居半壊又は上記イ若しくはウにおいて、被災した住居を建て直すに際しその住居の残存部分を取り壊さざるを得ない場合等特別の事情がある場合には、「270万円」は「350万円」、「170万円」は「250万円」、「250万円」は「350万円」と読み替える。
     

【償還期間】

  • 災害援護資金の償還期間は10年とし、据置期間はそのうち3年。
     

【利率】

  • 据置期間中は無利子。据置期間経過後はその利率を延滞の場合を除き年3%。
    ただし、平成24年7月九州北部豪雨等に係るものについては、利子の2分の1を市が補助します。

【必要書類】

  • 所得証明書
  • り災証明書
  • 納税証明書
  • 住民票の謄本及び印鑑証明書 等

日田市災害被災者住宅再建支援金

【対象】

≪全壊≫

 住宅がその居住のための基本的機能を喪失したもの

  • 住宅の損壊、焼失若しくは流失した部分の床面積がその住家の延床面積の70%以上
  • 住宅の主要な構成要素の経済的被害を住家全体に占める損害割合で表し、その住宅の損害割合が50%以上

≪半壊≫ 

 住宅がその居住のための基本的機能の一部を喪失したもの

  • 住宅の損壊が甚だしいが、補修すれば元どおりに再使用できる程度のもの
  • 損壊部分がその住宅の延床面積の20%以上70%未満のもの
  • 住宅の主要な構成要素の経済的被害を住宅全体に占める損害割合で表し、その住宅の損害割合が20%以上50%未満のものをいう

≪床上浸水≫ 

 住宅の床より上に浸水したもの及び全壊・半壊には該当しないが、土砂竹林のたい積により一時的に居住することができないもの

 

【支援金】 

(単位 千円)

支援金の区分 世帯区分 支援対象者が居住する住宅の被害状況
全壊等で当該住宅を解体等 半壊 床上浸水
基礎支給支援金 単数世帯 750 375 37
複数世帯 1,000 500 50
加算支給支援金 世帯区分 支援対象者が居住する住宅の被害状況及び被災後における支援対象者の居住確保形態  
全壊等で当該住宅を解体等 半壊
住宅を建設、購入 住宅を補修 住宅を賃借 住宅を建設、購入、補修 住宅を賃借
単数世帯 1,500 750 375 600 375
複数世帯 2,000 1,000 500 800 500

【必要書類】

  • 住民票
  • り災証明
  • 通帳の写し 等
この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 国保・年金係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所1階)
電話番号:0973-22-8271(直通)
ファックス番号:0973-22-8258

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2017年03月26日