妊婦健診におけるHTLV-1抗体検査

 市では、平成22年4月1日から、妊婦健康診査の検査項目にHTLV-1抗体検査を追加して実施しています。

 妊娠中に検査を受け、早期発見で母子感染を予防しましょう。

HTLV-1とは

 HTLV-1とは、成人T細胞白血病(ATL)やHTLV-1関連脊髄症(HAM)等の病気を引き起こすウイルスです。

 このウイルスの主な感染経路は母子感染で、その他、性行為により感染するといわれています。

 母子感染については、出産までに検査を行い感染者を早期に発見し、母乳哺育を避けて人工乳にするか、母乳哺育の期間を短くすることで感染を防止することができます。

 また、HTLV-1ウイルスは、感染力が極めて弱く飛沫感染しませんので、くしゃみやせきでうつることはありません。

相談窓口等

 成人T細胞白血病等に対する相談は、県内の保健所等で受け付けています。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 健康支援係
〒877-0003 大分県日田市上城内町1番8号(日田市総合保健福祉センター「ウェルピア」1階)
電話番号:0973-24-3000(直通)
ファックス番号:0973-24-0321

メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年03月25日