1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください!

はちみつの摂取が原因とされる乳児ボツリヌス症の死亡事案が発生しました

 東京都内において、はちみつの摂取が原因と推定される乳児ボツリヌス症による死亡事例がありました。

 乳児ボツリヌス症は1歳未満の乳児に特有の疾病です。腸内環境の未熟な乳児では、原因食品と共に体内に摂取されたボツリヌス菌の芽胞が腸管内で毒素を産生し、ボツリヌス症を引き起こすとされています。ボツリヌス菌の芽胞は熱や乾燥に強いため、長時間加熱しても死滅しません。

 乳児ボツリヌス症の主な原因食品は、はちみつです。乳児ボツリヌス症の予防のため、1歳未満の乳児にはちみつを与えないようにしましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 健康支援係
〒877-0003 大分県日田市上城内町1番8号(日田市総合保健福祉センター「ウェルピア」1階)
電話番号:0973-24-3000(直通)
ファックス番号:0973-24-0321

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2017年04月17日