「Amazon」を名乗る事業者からの詐欺に注意しましょう!

 最近、消費者の携帯電話に「有料動画の未納料金が発生しております。本日中に連絡なき場合、法的手続きに移行いたします。アマゾン●●。」というメールを送り、記載された電話番号に連絡してきた消費者に「お客様は●●という動画サイトを利用しており、料金未納の悪質な利用者だとみなされて請求が上がっています。」「本日中に支払わなければ民事裁判に移行します。」などと告げ、有料動画の未納料金の名目で金銭を支払わせようとする事業者に係る相談が、各地の消費生活センターに寄せられています。

 消費者庁が調査した結果、「Amazon.co.jp」を運営するアマゾンジャパン合同会社又はその関係会社は無関係であり、同社の運営する動画配信サービスはクレジット決済による前払い方式を採用しています。

 「本日中に連絡がなければ法的手続きに移行します」というメールは典型的な詐欺の手口です。また、料金の支払い方法でコンビニエンスストア等でAmazonギフト券を購入し、その番号を送るように、と指示される場合がありますが、こちらも典型的な詐欺の手口です。

 不審なメールや電話での要求には、応じる前に下記の消費生活センターまでご相談ください。
 

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 商工観光部 商工労政課 消費生活センター
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所2階)
電話番号:0973-22-9393(直通)
ファックス番号:0973-22-2210

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2017年11月24日