ゆたんぽ使用による事故に注意しましょう!

ゆたんぽを安全に正しく使用しましょう!ー低温やけど、加熱、漏れなどの事故を防止しましょうー

 消費者庁のデータバンクには、過去9年間で363件の相談が寄せられており、そのうち240件がやけどを負った事故でした。使用中の低温やけどや、加熱のし過ぎによるやけど、ゆたんぽが破れ、お湯でやけどした、といった事故が毎年継続的に発生しています。それぞれの取扱説明書や注意表示をよく読み、安全に正しく使いましょう。

 寒くなるにつれ、ゆたんぽの使用機会も多くなるため、特に以下の点に気を付け、事故を防止しましょう。

(1)使用中の低温やけどを防ぎましょう。

  • 長時間体に接触させないようにしましょう。
  • 布団を温めた後は、就寝前に布団から出しましょう。

(2)加熱・充電時の過熱等によるゆたんぽの破損や破裂、やけどを防ぎましょう。

  • 製品ごとに指定された加熱方法、加熱時間を守って過熱しましょう。

(3)お湯などの内容物の漏れによるやけどを防ぎましょう。

 

 また、ご家庭にあるゆたんぽがリコール対象になっていないか確認しましょう。

そのまま使用すると充電中の発火や、材質の劣化によるお湯漏れなどの事故になることがあります。

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 商工観光部 商工労政課 商業・消費生活係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所3階)
電話番号:0973-22-8239(直通)
ファックス番号:0973-22-8246

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2017年12月12日