豆やナッツ類は3歳頃までは食べさせないようにしましょう!

 消費者庁には、平成22年12月から平成29年12月末までに、医療機関等の報告から、豆やナッツ類を原因とする14歳以下の子どもの誤嚥事故が27件報告されており、うち20件を3歳未満の事故が占めています。事故報告件数は27件と多くないものの、そのうち約6割に当たる16件で入院を要しています。

誤嚥事故防止のために

 奥歯が生えそろわず、かみ砕く力や飲み込む力が十分ではなく、気道も狭い子どもが豆やナッツ類を食べると、気道に入って気管支炎や肺炎を起こしたり、窒息する恐れがあります。誤嚥事故防止のため、主に以下のことに注意しましょう。

(1)豆やナッツ類は、3歳ごろまでは食べさせないでください。

  • 小さく砕いた豆やナッツ類も食べさせないでください。
  • 兄姉がいる家庭では兄姉が豆やナッツ類を食べていても、食べさせないでください。

(2)少し大きい子供の場合も、誤嚥をしないように、食べることに集中させ、落ち着いてゆっくりとかみ砕いて食べさせるようにしてください。

(3)節分の豆まきをした後は、子供が拾って口に入れないように、豆の片づけを徹底しましょう。

もし、異物が喉に詰まってしまったら

 もし、異物が喉に詰まってしまったら、指を口の中に入れてかき出そうとせずに、下記のURLの4,5ページを参考に応急処置を行ってください。無理にかき出そうとすると、指の動きにより口腔内が傷ついたり、異物を押し込んで症状を悪化させる可能性があります。

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 商工観光部 商工労政課 消費生活センター
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所2階)
電話番号:0973-22-9393(直通)
ファックス番号:0973-22-2210

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2018年02月02日