風しんの流行にご注意ください

 現在、関東地方を中心に風しんの患者数が大幅に増加しています。全国的に流行が拡大する恐れがありますのでご注意ください。

 風しんにかからないようにするためには、あらかじめ予防接種によって免疫を獲得しておくことが大切です。

 また、感染症予防のために、手洗い、うがい、マスクの着用、人混みを避けるなど、日ごろから気をつけるよう心がけましょう。

風しんとは

 風しんは、風しんウイルスの飛沫感染(患者さんの唾液やしぶき)で起こります。潜伏期間は2~3週間です。軽いかぜ症状ではじまり、発疹、発熱、リンパ節の腫れなどが主な症状です。妊婦が妊娠早期に風しんにかかると、先天性風しん症候群と呼ばれる先天性の心臓病、白内障、聴力障害、発育発達遅延などの障害を持った児が生まれる可能性が非常に高くなります。

風しんを予防するためには

 風しんの予防のためには、予防接種が最も有効な予防方法といえます。

子どもの風しんの予防接種

 定期接種の「麻しん風しん混合ワクチン」を接種(合計2回)

第1期

1歳以上2歳未満 1回

第2期

小学校入学前の1年間(いわゆる年長クラス) 1回

【注意】上記の定期接種期間内の接種は無料です。

成人の風しんの予防接種

 成人の風しんワクチン接種費用の一部助成を行っています。(抗体検査費用は助成していません。)

 詳しくは、下記リンク先でご確認ください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 保健医療係
〒877-0003 大分県日田市上城内町1番8号(日田市総合保健福祉センター「ウェルピア」1階)
電話番号:0973-24-3000(直通)
ファックス番号:0973-24-0321

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2018年12月05日