暑い季節の熱中症・食中毒にご注意ください!

 梅雨入り頃から秋の中頃までの期間は、気温が上がり、湿度も高くなる日が続くことが多く、熱中症や食中毒を起こしやすくなりますので、日ごろから気をつけるよう心がけましょう。

熱中症について

 熱中症は気温などの環境条件だけではなく、体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。

 気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い日、風が弱い日、体が暑さに慣れていな時は注意が必要です。また、熱中症は室内でも多く発生しています。夜間も注意してください。

熱中症は予防が大切です

  • 日傘、帽子を活用
  • 涼しい服装
  • 水分をこまめにとる
  • 暑い時には無理をしない
  • 日陰を利用
  • こまめに休憩
  • 汗をかいた時には塩分の補給も忘れずに

このような症状があったら熱中症を疑いましょう

 めまい、大量の発汗、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、意識障害、手足の運動障害、高体温など

熱中症になった時の対応

呼びかけに対して返事ができる時
  • 涼しい場所へ避難し、服をゆるめ体を冷やす
  • 水分、塩分を補給する
  • 症状が良くならない時は、速やかに医療機関を受診する
呼びかけに対してうまく返事ができない時
  • 救急車を呼ぶ
  • 救急車が到着するまでの間は、涼しい場所へ避難し、服をゆるめ体を冷やす
  • 無理に水分を飲ませないこと

参考:環境省 熱中症予防情報サイト、厚生労働省 熱中症関連情報

食中毒について

 食中毒は一年中発生していますが、特に気温や湿度が高くなる梅雨から夏にかけては、食中毒の原因となる細菌の増殖が活発になり、食中毒が発生しやすくなります。

 また、毎日食べている家庭の食事でも食中毒は発生しています。家庭では発生人数が少ないため、食中毒とは気づかずに風邪や寝冷えと思われてしまい重症になることもありますので、日頃からの予防に気をつけましょう。

食中毒予防の3原則

食中毒菌を

  「つけない」 ⇒ 清潔

  「増やさない」 ⇒ 迅速

  「殺菌する」 ⇒ 加熱

家庭でできる食中毒予防の6つのポイント

  1. 食品の購入・・・消費期限等を確認する
  2. 家庭での保存・・・すぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れる
  3. 下準備・・・こまめに手を洗う、包丁・まな板・ふきんは洗って消毒する
  4. 調理・・・十分に加熱する
  5. 食事・・・長時間室温で保存しない
  6. 残った食品・・・時間が経ちすぎたら思い切って捨てる

参考:大分県食品・生活衛生課 食中毒注意報

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 保健医療係
〒877-0003 大分県日田市上城内町1番8号(日田市総合保健福祉センター「ウェルピア」1階)
電話番号:0973-24-3000(直通)
ファックス番号:0973-24-0321

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2019年06月08日