第2次日田市情報化基本計画

計画の趣旨

 インターネットや携帯電話に代表される情報通信技術(IT:インフォメーション・テクノロジー)の目覚ましい進展により、市民生活や産業、行政のあらゆる分野でITが活用されています。

 日田市においてもITを十分活用し、市民サービスの向上や行政事務の効率化などに取り組む必要があります。

 また、第1次情報化基本計画策定(平成10年3月)から9年余りが経過する中、市町村合併に伴う行政区域の大幅な拡大や少子高齢化、過疎化等著しい社会情勢の変化にも対応していかなければなりません。

 そこで、合併後の新たなまちづくりの方向を示す「第5次日田市総合計画」が掲げる将来都市像である「人と自然が共生し、やすらぎ・活気・笑顔に満ちた交流都市」を目指し、市民が真に誇りと愛着を持ち心の豊かさや幸せを実感できるまちづくりを情報政策面から支援するための基本的な方針について明らかにするため、本計画を策定しました。

計画の期間

 平成19年度から平成28年度までの10年間

計画の目標

 山間地が多い日田市では、いまだ携帯電話の不感地域やテレビ放送の難視聴地域が多く存在しています。また、ブロードバンド環境(高速大容量の情報通信ができる環境)が整備されていない地域が多く存在するなど、情報通信に関するインフラ(社会基盤)の整備が遅れている状況です。

 市民が等しくITの恩恵を享受するためには、市街地と周辺地域の情報格差を解消していかなければなりません。また、地域文化や地域間の交流などの推進、日常生活の向上に対する不安や障害を取り除き、市民の豊かな生活に役立つことを目指した情報化を推進していかなければなりません。

 市では、ITをうまく活用し、地域の隅々まで必要な情報が行き渡り、誰もが容易にその情報を利活用できる環境の整備を主眼に、以下の6つの方向性を掲げ、取り組みます。

地域情報化基本計画

  1. 情報通信基盤の整備によるデジタルデバイドの解消
  2. ブロードバンド環境の活用
  3. 情報リテラシー(利活用能力)の向上

行政情報化基本計画

  1. 市民の利便性の向上
  2. 行政内部システムの最適化
  3. 情報セキュリティの維持

基本計画が目指す10年後

情報化イメージ画像

第2次日田市情報化基本計画

【注釈】計画の詳細は、下記のPDFファイルをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 総務部 情報統計課 情報・統計係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所6階)
電話番号:0973-22-8260(直通)
ファックス番号:0973-22-8240

メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年10月11日