第3次日田市情報化基本計画

計画の趣旨

 今日の情報通信技術(ICT)は、社会生活に必要不可欠なものとなっており、あらゆる分野で重要な役割を担っています。
 本市では、このICTを利活用することにより、豊かな市民生活を実現することを目的として、第1次(平成11年度~平成18年度)、第2次(平成19年度~平成28年度)の『日田市情報化基本計画』を策定しました。
 これまで本計画に基づき、地域情報化の分野では光ファイバー網の整備による高速インターネット通信やCATV(ケーブルテレビ)によるテレビのデジタル放送への対応など、デジタルデバイドの解消を図ってまいりました。
また、行政情報化の分野では住民基本台帳などの基幹系業務システムや、財務会計システムなどの情報系システムをASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)からの調達とし、SaaS化を図るなどの施策を展開し、計画を実現してきました。
 本市の情報化の方向性を示す第2次日田市情報化基本計画が平成28年度をもって終了することから、平成29年度以降の日田市総合計画の実現に向けて新たな情報化の指針となる第3次日田市情報化基本計画を策定するものです。
 

計画の期間

 本計画の期間を平成29年度から平成34年度までの5年間とします。
 『第2次日田市情報化基本計画』は、平成19年度から平成28年度までの前・後期各5年の計10年間で策定しました。政府の『世界最先端IT国家創造宣言』(平成25年6月策定、平成28年5月改正)については4年余りで改定するなど、最近の情報通信技術(ICT)は、スマートフォンの普及などによりめまぐるしく伸展しています。
 このため、『第3次日田市情報化基本計画』は、これまでのような10年間の長期にわたる計画ではなく、住民ニーズの多様化及び情報通信技術(ICT)の伸展に対応するため具体的な実施計画を含む5年間の計画とし、5年を超える長期的な実施計画にも対応するものとします。また、上位計画となる『第6次日田市総合計画』と計画期間が異なることから、必要に応じて計画を見直します。

 

計画の目標

 『第3次日田市情報化基本計画』の策定にあたっては、『第2次日田市情報化基本計画』の進捗状況について検証を行うとともに、これまでに整備した情報システム環境の利活用と見直しを主な目標に掲げ、以下の点に着目して取り組むこととします。

地域情報化

  1. 情報通信基盤の有効活用
  2. 公設の地域情報基盤の合理的管理
  3. 誰もが容易に情報が得られる環境の整備
  4. 情報リテラシーのかん養

行政情報化

  1. マイナンバーの利活用による市民の利便性の向上
  2. SaaS、IaaSなどの利用による経費の削減
  3. 新たな技術によるネットワーク運用と安全性の確保

第3次日田市情報化基本計画

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 総務部 情報統計課 情報・統計係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所6階)
電話番号:0973-22-8260(直通)
ファックス番号:0973-22-8240

メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年10月23日