月刊誌「教育旅行」に特集記事を掲載しました

教育旅行表紙

 教育遺産世界遺産登録推進協議会では、平成29年度の国の補助事業「日本遺産魅力発信推進事業」を活用し、「日田市における情報発信事業」として、公益財団法人日本修学旅行協会刊行の月刊誌「教育旅行」に特集記事を掲載しました。

経過

 日本遺産「近世日本の教育遺産群-学ぶ心・礼節の本源-」は、教育をテーマとした日本遺産であることから、今回の特集記事制作を通じて、教育コンテンツとしての日本遺産をはじめとする日田市の魅力を浮かび上がらせるとともに、学校や観光・旅行会社等を中心とした情報発信を図り、団体旅行客の増加につなげることを目的として実施したものです。

 今回、年3回の「カラーグラビア特集」のうちの1回を、大分県日田市を対象に取材・記事制作し、日田市の関係機関による紹介記事をあわせて「1冊まるごと日田特集」として刊行しました。

掲載誌

公益財団法人日本修学旅行協会刊行「教育旅行」2018年2月号

主な内容

・巻頭連載 日本の教育文化遺産を訪ねる

 長福寺(学寮跡)

・グラビア特集

 近世日本の教育遺産群-学ぶ心・礼節の本源-をたずねる

 水と木と文教の里「天領日田」での教育旅行

・教育旅行誘致活動リーダーからのメッセージ

  自然・歴史・文化を感じるまち-日田の産業、祭り、温泉にひたる (日田市長)

・教育旅行研究 

 母校となる学校のルーツを知る 出会いと学びの宿泊研修 (佐賀県私立 東明館学園)

・地域だより

 ムラおこし「一村一品運動」の元祖・小切畑の教育旅行 (小切畑グリーンツーリズム研究会)

・再発見!!日本の産業とモノづくり

 地底博物館「鯛生金山」の教育旅行

・ミュージアムに行こう!

  日田市立博物館

「教育旅行」とは

 月刊誌「教育旅行」は、全国の教育機関や旅行会社等が修学旅行を企画する際に購読されている専門誌です。また、全国の近世・近代の教育遺産をシリーズで紹介する「日本の教育文化遺産を訪ねる」という連載を平成20年から実施しており、連載を単行本として刊行しています。

詳細につきましては、下記のホームページを参照してください。

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 教育庁 世界遺産推進室
〒877-0012 大分県日田市淡窓2丁目2番18号(咸宜園教育研究センター内)
電話番号:0973-22-0268(直通)
ファックス番号:0973-22-0268

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2018年02月05日