高野長英

蘭学者

出身地・入門年

陸奥出身 文化12年(1829)頃入門

解説

長崎、シーボルトの蘭学塾鳴滝塾で蘭学と医学を学んだ後、咸宜園に学んだといわれる高野長英は、幕府の異国船打ち払い令を批判し、弾圧を受けながらも開国を訴え続けた信念の人でした。淡窓は教え子の中で国家を忘れなかったのは高野ただ一人だったと評しています。

この記事に関するお問い合わせ先

咸宜園教育研究センター
〒877-0012 大分県日田市淡窓2丁目2番18号
電話番号:0973-22-0268(直通)
ファックス番号:0973-22-0268

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2017年03月22日