平野五岳

詩・書・画に優れた三絶僧

出身地・入門年

豊後日田出身 文政2年(1819)入門

解説

詩・書・画の三つに優れていたため三絶僧と呼ばれました。11歳で淡窓の門下生となりましたが、僧籍にあったため寺務と勉学の両立が難しく、才能が発揮できないまま二級上に達した15歳の冬には客席に転じ20歳で除名となりました。その後は、淡窓に詩の添削を請うなどして勉学に励み、「宜園百家詩」の編纂に参与しています。明治維新の功労者達との交流も多く、一万点を超える作品を残し、皇室にも納められました。

この記事に関するお問い合わせ先

咸宜園教育研究センター
〒877-0012 大分県日田市淡窓2丁目2番18号
電話番号:0973-22-0268(直通)
ファックス番号:0973-22-0268

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2017年03月22日