風水害対策

 近年、集中豪雨や台風の来襲により災害が頻発しており、九州各地にも大きな被害を与えています。
 日田市においても、風水害の被害は毎年のように発生しています。
 日頃から防災情報に関心を持ち、いざというときに備えて万全の対策を立てておくことが大切です。

屋外の風水害対策

【屋根】
 瓦のひび・割れ・ずれなどを補修し、飛ばされないようにする。

【外壁】
 亀裂はないか。腐りや浮きはないかをチェック。

【窓ガラス】
 雨戸を閉める。外から板で塞いだり、ガムテープをバツ印に貼る。

【ベランダ】
 鉢植え、物干し竿など、飛ばされそうなものは屋内に入れる。

【側溝】
 近所で協力し、側溝もつまりをなくし家の周辺の水はけを良くする。

屋内の風水害対策

  • テレビやラジオの気象情報を聞き、正確な情報を収集する。
  • 停電に備えて、懐中電灯や携帯ラジオを準備する。
  • 断水に備えて、飲料水を確保する。
  • 浸水のおそれがある場合は、家財道具や食料品・衣類・寝具などの生活用品を高い場所へ移しておく。

早めの避難が命を守る

 洪水や土砂災害の危険が予想される地域では、身の安全を第一に考えて、無駄足覚悟で早めに自主避難するよう心掛けましょう。

  • 避難する前に火元の点検をする。
  • 車での避難は厳禁。歩いて避難を。
  • 家族で避難場所や避難経路をあらかじめ決めておく。
  • 風雨が強くなってからの避難は危険。早めの避難を。
  • 近所の方とできるだけ一緒に行動し、お年寄り、赤ちゃん、体が不自由な人など、災害時要援護者の避難に協力する。
この記事に関するお問い合わせ先

日田市 総務部 防災・危機管理課 防災・危機管理係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所4階)
電話番号:0973-23-3111(代表)
ファックス番号:0973-24-0429

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2017年10月23日