口蹄疫及び高病原性鳥インフルエンザの感染防止

 現在、中国及び韓国において、高病原性鳥インフルエンザが継続して発生しており、平成28年10月に中国の家きん農場において高病原性鳥インフルエンザ「H5N6亜型」が確認されました。

 国内におきましては、平成28年11月から北海道や秋田県、鳥取県及び鹿児島県等で渡り鳥やねぐらの水から「H5N6亜型」の本病ウィルスが検出されました。

 また、平成28年11月29日に青森県及び新潟県の家きん飼養農場で本病の発生が確認されました。

 このことから、国内の家きん及び愛玩鳥においても高病原性鳥インフルエンザの発生リスクが極めて高い状況にあると考えられています。

 今後とも、市民の皆様には「口蹄疫及び高病原性鳥インフルエンザの感染防止」にご協力をお願いします。 

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 農林振興部 農業振興課 内水面・畜産振興係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所3階)
電話番号:0973-22-8211(直通)
ファックス番号:0973-22-8246

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2017年03月23日