熱中症の予防をしましょう

更新日:2024年06月01日

熱中症は屋外の環境だけでなく、家庭での日常生活においても発生しているため注意が必要です。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い場合や体が暑さに慣れていない時に熱中症が発生しやすくなります。こまめな水分や塩分の補給、エアコンの利用などにより熱中症を防ぎましょう。

熱中症の症状

重症度1度

  • めまい、立ちくらみがある
  • 筋肉のこむら返りがある(痛い)
  • 大量に汗が出てくる

重症度2度

  • 頭ががんがんする
  • 吐き気がある、吐く
  • 体がだるい(倦怠感)

重症度3度

  • けいれんをおこす
  • 呼びかけに対し、返事がおかしい
  • まっすぐに歩けない、走れない
  • 高い体温である

熱中症の予防

暑さを避けましょう
  • 外出時は日傘や帽子を利用し、日陰を歩くようにしましょう。
  • すだれやカーテンなどで直射日光を防ぎ、風通しを良くしましょう。
  • エアコンや扇風機を使って温度を調節しましょう。
服装を工夫しましょう
  • 吸湿性や速乾性のある衣服を着ましょう。
  • 襟元をなるべくゆるめて、通気を良くしましょう。
こまめに水分をとりましょう
  • のどが渇く前や暑いところに出る前から水分を補給しましょう。
急に暑くなる日に注意しましょう
  • 暑くなりはじめ、急に暑くなる日、熱帯夜の翌日などは熱中症が多発する傾向があります。暑さに徐々に慣れるよう工夫しましょう。
体調を整えましょう。(下記のような状況の方は、特に注意が必要です)
  • 睡眠不足、風邪ぎみ、体調が悪い、朝食をとっていない、下痢などの症状がある人。
  • 幼児や高齢者、心臓・腎機能が低下しているなど持病のある人、肥満の人。
お互いに声をかけ合いましょう
  • 暑さや活動に合わせて、こまめに休憩を入れるなどの工夫をしましょう。
  • 体調が悪い時は、遠慮せず誰かに相談しましょう。また、気軽に話せる雰囲気を作りましょう。

熱中症一時休憩所を設置しています

9月末まで、市内の公共施設や協力いただける薬局、コンビニ等に熱中症一時休憩所を設置しています。暑い日は積極的にご利用ください。

公共機関の熱中症一時休憩所はこちらです
  1. 日田市役所本庁・別館

  2. 西部振興局

  3. 西部保健所

  4. 日田市総合保健福祉センター(ウェルピア)

  5. 日田市複合文化施設AOSE

  6. 大山文化センター

  7. 振興局、振興センター、地区公民館             

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 健康支援係
〒877-0003 大分県日田市上城内町1番8号(日田市総合保健福祉センター「ウェルピア」1階)
電話番号:0973-24-3000(直通)
ファックス番号:0973-24-0321

メールフォームによるお問い合せ