子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨を差し控えます

 現在、子宮頸がん予防ワクチンは、中学1年生から高校1年生相当年齢の女性を対象(希望すれば小学校6年生でも接種可能)に予防接種法に基づき実施されているものですが、ワクチンの接種後、持続的な痛みやしびれを訴える副反応等の報告が相次いでいることから、平成25年6月14日、厚生労働省は、ワクチン接種によると思われる副反応について審議した結果、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的に呼びかけることを一時中止する決定をしました。

 今後、厚生労働省においてワクチン接種と副反応との因果関係を詳しく調べていき、結論を出していくものです。

 ただし、定期接種(無料)が中止されたものではありませんので、ワクチンの接種を希望される人は、下記のリンクをよくお読みいただき、接種の有効性及び安全性等について十分に理解していただいたうえで接種してください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 保健医療係
〒877-0003 大分県日田市上城内町1番8号(日田市総合保健福祉センター「ウェルピア」1階)
電話番号:0973-24-3000(直通)
ファックス番号:0973-24-0321

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2018年03月20日