成人の風しんワクチン予防接種に対する助成金を支給します

 市では、風しんの予防やその病状の重症化防止、さらに先天性風しん症候群の予防を目的として、風しん抗体検査の結果、予防接種が必要と判断された成人の方に対し、平成31年度(2019年度)中に予防接種を受けた場合の接種費用の一部を助成します。

 風しんは、風しんウイルスの飛沫感染によって起こり、潜伏期間は2~3週間で、軽いかぜ症状ではじまり、発疹、発熱、リンパ節の腫脹などが主症状の感染症です。

 平成30年(2018年)に関東地方を中心に風しん患者の報告が増加し、平成31年(2019年)になり大分県内でも風しん患者発生の届出があり、4月に入ってからは日田市の患者発生の届出もあっています。

   風しんの予防のためには、人混みを避け、手洗い等に気をつけることはもちろん、予防接種が最も有効な方法といえます。風しんの罹患歴や予防接種歴が明らかでない場合は、予防接種を受けることについてぜひご検討ください。

 助成の詳細については、下記の要領をご覧ください。

助成対象者

 次の要件をすべて満たす人

  • 接種日時点で20歳以上50歳未満で、日田市に住民登録をしている人
  • 接種前に風しん抗体検査を受けた人

 (抗体検査は、大分県の「風しん抗体検査費用助成制度」があります。対象となる方については、下記の関連リンク内にある“大分県の風しんに関する情報”でご確認ください。)

  • 平成31年(2019年)4月1日から2020年3月31日までに接種した人

【注意】

  • 妊娠している又は妊娠の可能性のある人は、生まれてくるお子さんに影響がでる恐れがあるため接種できません。最近の月経終了後から接種日までと、接種後2~3か月は妊娠を避けることが必要です。
  • 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性の方は、平成31年度(2019年度)から3か年で行われる『風しんの追加的対策』の抗体検査を受けていただき、抗体価が低かった方は定期接種を受けていただくことになります。対象者の方へ送付される専用の『クーポン券』を活用してください。

【参考】

  • 市内で成人が予防接種を行うことができる医療機関は、下記の関連リンク内にある医療機関一覧で確認してください。(一覧は大分県が作成しています)
  • 予防接種、抗体検査の実施は、日田市外の医療機関で行っても構いません。

助成回数

 この事業における助成回数は、1人につき1回です。

助成金の額

 麻しん風しん混合ワクチンを接種した場合:5,000円を上限とする。
 風しん単独ワクチンを接種した場合:3,000円を上限とする。

【参考】

 実際に支払った金額と上記に示した上限額とを比較して、低い金額の方を助成金とします。

助成金の申請、請求方法

 助成要件を満たした方で助成金の支給を受けようとする方は、次の書類を提出してください。

  1. 成人の風しんワクチン予防接種助成金申請兼請求書
  2. 風しん抗体検査結果書等の写し 
  3. 予防接種に係る領収書の写し

【参考】 

  1. 様式は以下の「成人の風しんワクチン予防接種助成金申請兼請求書」をお使いください。
  2. 検査結果に係る書類は検査を受けた医療機関等で取得してください。(指定様式はありません。)
  3. 領収書中に次の内容が明記されていること。  
  •  予防接種を受けた方の氏名  
  •  接種したワクチンの名称(混合又は単独区別が明確であること。) 
  •  医療機関名

申請期間

 平成31年(2019年)4月1日から2020年3月31日までにワクチン接種をした方は、申請兼請求書等を2020年3月末までに提出してください。

【参考】

 助成金は、申請した日の属する月の翌月末までに指定口座に入金する予定です。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 保健医療係
〒877-0003 大分県日田市上城内町1番8号(日田市総合保健福祉センター「ウェルピア」1階)
電話番号:0973-24-3000(直通)
ファックス番号:0973-24-0321

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2019年04月25日