成人男性の風しん抗体検査・予防接種のご案内(風しんの追加的対策)

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられます

 風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代にくらべて低くなっています。

 風しんは、風しんウイルスの飛沫感染によって起こり、潜伏期間は2~3週間で、軽いかぜ症状ではじまり、発疹、発熱、リンパ節の腫脹などが主症状の感染症です。大人になって感染すると、まれに重篤な合併症を併発することがあります。

 また、妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群(目や耳、心臓などに障害が出る)になる可能性があります。

 無症状でも周りの人に風しんをうつすことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。

 そこで、令和元年度(2019年度)から令和4年(2022年)3月31日までの期間に限り、この世代の男性を対象に無料で抗体検査と予防接種(抗体検査の結果、十分な量の抗体が無い方のみ)を実施します。

 対象者の方へはクーポン券を送付します。まずは、クーポン券を利用して抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体が無い方は予防接種を受けてください。

対象者

 抗体検査時、予防接種時に日田市に住民票がある、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性。

【注意】

  • 令和元年度(2019年度)は、平成31年2月末現在で日田市に住民票がある昭和47年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性へクーポン券を送付しています。
  • 上記以外の制度対象者の方へは、令和2年度以降にクーポン券を発送する予定ですが、早めに抗体検査と予防接種を希望される場合は、別途クーポン券を交付いたしますので、健康保険課へご連絡ください。
  • また、日田市へ転入された対象者の方や、クーポン券を紛失された方(再発行)は、クーポン券の発行手続きをしていただく必要がありますので、健康保険課へご連絡ください。

抗体検査・予防接種を受けられる場所

医療機関で受ける場合(抗体検査・予防接種)

  • 日田市内の医療機関だけでなく、本事業に参加している全国の実施医療機関で受けることができます。
  • 実施医療機関は、厚生労働省のホームページでもご確認いただけます。(実施医療機関は、随時更新されていますが時間を要する場合があります)
  • 予約が必要な場合がありますので、事前に医療機関へお問い合わせください。

健康診断(特定健診や職場での健診)の際に受ける場合(抗体検査のみ)

  • 日田市が実施する特定健診の実施会場で受けることができます。(各世帯に配布しています「2019年度 日田市 健診ガイド」をご参照ください)
  • 勤務先が実施する事業所健診で受けることができます。勤務先の事業所や加入する健康保険組合にご確認ください。
  • 健康診断の実施機関では予防接種を実施していない場合がありますので、抗体検査の結果、予防接種が必要と判断された方は、医療機関で予防接種を受けてください。

抗体検査・予防接種の際に必要なもの

  • クーポン券(1枚1枚がシールになっています)
  • 運転免許証や健康保険証など(ご本人や住所を確認させていただく場合があります)

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 保健医療係
〒877-0003 大分県日田市上城内町1番8号(日田市総合保健福祉センター「ウェルピア」1階)
電話番号:0973-24-3000(直通)
ファックス番号:0973-24-0321

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2019年05月31日