ワクチン接種Q&A【その他】

更新日:2021年12月20日

Q.ワクチン接種の証明書は発行されますか。

A.接種を受けた後、接種を受けた日付・場所と接種したワクチンの情報が記載された接種済証が発行されます。この接種済証を見れば、いつ、どこで、どのワクチンを接種したのかが分かります。

接種後に発行された接種済証を紛失した場合などは、市に申請すれば再発行を受けることができます。

また、12月20日より国が提供するスマートフォン向けアプリの運用が開始され、国内用・海外渡航用の二次元コード付き接種証明書(電子版)の発行も可能になりました。

関連ページ

 

 

Q.電子版のワクチン接種証明書を申請するには何が必要ですか。

A.電子版のワクチン接種証明書は、日本政府が公式に提供する「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」をスマートフォンにダウンロードして申請することができます。

ご利用に必要なもの
  1. マイナンバーカード
  2. マイナンバーカードの暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)
  3. パスポート(海外用を発行する方)
動作環境
  • マイナンバーカードが読み取れる(NFC Type B対応)端末
  • iOS 13.7以上
  • Android 8.0以上

専用アプリのダウンロード方法、使い方は下記のページをご覧ください。

関連ページ

 

 

Q.ワクチンを接種した後も、マスクは必要ですか。

A.ワクチンを接種することで、接種した人の発症を予防する効果だけでなく、感染を予防する効果も示唆するデータが報告されています。しかしながら、その効果は100%ではないため、引き続き感染予防対策を継続していただくようお願いします。

 

Q.ワクチンを接種することで不妊になるというのは本当ですか。

A.ワクチンが原因で不妊になるという科学的な根拠はありません。ワクチン接種により流産率は上がっておらず、妊娠しにくくなるという根拠も確認されていません。

 

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 感染症対策係(新型コロナウイルス関連相談総合窓口)
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(日田市役所3階302・303会議室)
電話番号:0973-22-8243(直通)
電話番号:0973-22-8281(直通)
​​​​​​​ファックス番号:0973-22-8315