ロタウイルス感染症の定期予防接種

 令和2年10月1日から、乳児のロタウイルス感染症の予防接種が定期予防接種になります。

ロタウイルス感染症とは

 ロタウイルスによって引き起こされる急性の胃腸炎で、乳幼児期(0~6歳ころ)にかかりやすい病気です。主な症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐(おうと)、発熱、腹痛です。
 ふつう、5歳までにほぼ全ての子供がロタウイルスに感染するといわれています。脱水症状がひどくなると入院治療が必要になることがあります。5歳までの急性胃腸炎の入院患者のうち、40~50%前後はロタウイルスが原因です。

(引用:厚生労働省ホームページ)

ロタウイルス感染症の定期予防接種について

接種対象者

 令和2年8月1日以降に生まれたお子さん

ワクチンの種類・接種回数・期間

 ロタウイルスワクチンには、ロタリックス®(1価ワクチン)とロタテック®(5価ワクチン)の2種類があり、どちらも飲むワクチンです。

ワクチン名 ロタリックス®(1価ワクチン) ロタテック®(5価ワクチン)
接種時期 出生6週0日後から24週0日後まで 出生6週0日後から32週0日後まで
接種回数 2回(27日以上の間隔をあける) 3回(27日以上の間隔をあける)
共通の留意事項
  • 標準的には、生後2か月で1回目の接種を開始します。(B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌の定期予防接種の開始時期と同じ時期になりますので、接種の予約の際に医療機関にご相談ください。)
     
  • 1回目の接種は、生後14週6日後までに実施することが望ましいとされています。それ以降になる場合は、予防接種を行う医師と相談してください。
     
  • 予防効果は、どちらのワクチンも有効性は同等と考えられています。

 

【注意】
「出生〇週▲日後」の考え方は、出生日の翌日を出生1日後として算出します。

 例:出生6週0日後⇒生まれた日から6回目の生まれた日と同じ曜日

   出生14週6日後⇒生まれた日から15回目の生まれた日と同じ曜日の1日前

接種費用

接種費用は原則無料です。(令和2年10月1日以降に接種した分から)

  • ロタウイルス感染症のワクチン接種は生後6週0日後から開始できますが、令和2年9月中に実施した接種分は任意接種となり、全額自己負担となります。
     
  • 県外の里帰り先の医療機関で定期接種を行う場合は、事前の手続きが必要ですので、下記担当課までご連絡ください。接種費用を自己負担後に、費用助成の手続きを行うことができます。

予診票について

 予防接種時に必要な予診票は、出生月の翌月の20日頃に、他の定期予防接種の予診票とともに個別に郵送します。

予防接種を受ける時に持参するもの

  1. ロタ定期予防接種予診票(医療機関の窓口にも予備の予診票を備え付けています)
  2. 母子健康手帳
  3. 住所、氏名、年齢を確認できるもの(健康保険証など)

日田市内の接種協力医療機関

ロタウイルス感染症定期予防接種

医療機関名 所在地 電話番号
 麻生小児科医院  淡窓2丁目 24-2323
 大分県済生会日田病院  清水町 24-1100
 奥平医院  中津江村栃野 54-3021
 こじかこどもクリニック  清岸寺町 28-8771
 下飛田小児科  中央1丁目 24-1148
 日田市立上津江診療所  上津江町川原 54-3001
 日田市立東渓診療所  天瀬町合田 57-2500

【注意】市外局番は(0973)です。

【注意】予防接種を受ける際には、各医療機関へ事前に連絡してください。

関係リンク

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 保健医療係
〒877-0003 大分県日田市上城内町1番8号(日田市総合保健福祉センター「ウェルピア」1階)
電話番号:0973-24-3000(直通)
ファックス番号:0973-24-0321

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2020年09月24日