暑い季節の食中毒にご注意ください!

更新日:2022年06月23日

食中毒について

食中毒は一年中発生していますが、特に気温や湿度が高くなる梅雨から夏にかけては、食中毒の原因となる細菌の増殖が活発になり、食中毒が発生しやすくなります。

また、毎日食べている家庭の食事でも食中毒は発生しています。家庭では発生人数が少ないため、食中毒とは気づかずに風邪や寝冷えと思われてしまい重症になることもありますので、日頃からの予防に気をつけましょう。

なお、食中毒による下痢、腹痛、嘔吐といった症状は、初期は軽くても急激に悪化する場合もあります。食中毒が疑われる場合は、速やかに病院を受診しましょう。

食中毒注意報の発令状況

大分県では、夏季に多発する食中毒を未然に防ぐため、高温多湿などの気象状況が食中毒の発生しやすい条件に達したときに「食中毒注意報」を発令しています。

詳しくは、下記のリンク先でご確認ください。

手洗いで食中毒予防

外出先から帰宅した時、調理にとりかかる前、食事の前など、こまめに手洗いを行うことで清潔を保ち、食中毒を予防しましょう。

また、手洗いは、新型コロナウイルスなどの感染症予防にも有効ですので、手洗いの習慣を身につけていきましょう。

食中毒予防の3原則

腸管出血性大腸菌などの細菌による食中毒を予防するための3原則は

 ・細菌を食べ物に「つけない」 ⇒ “清潔”

 ・食べ物に付着した細菌を「増やさない」 ⇒ “迅速・冷却”

 ・食べ物や調理器具に付着した細菌を「やっつける」 ⇒ “加熱・殺菌”

家庭でできる食中毒予防の6つのポイント

ポイント1 食品の購入
  • 肉、魚、野菜などの生鮮食品は新鮮な物を購入しましょう。
  • 表示のある食品は、消費期限などを確認し、購入しましょう。
  • 購入した食品は、肉汁や魚などの水分がもれないように、それぞれビニール袋などに分けて包んで持ち帰りましょう。
  • 特に、生鮮食品などのように冷蔵や冷凍などの温度管理に必要な食品の購入は、買い物の最後するよう心がけ、購入後は早めに帰るようにしましょう。
ポイント2 家庭での保存
  • 冷蔵や冷凍の必要な食品は、持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。
  • 冷蔵庫や冷凍庫の詰めすぎに注意しましょう。めやすは、冷蔵庫や冷凍庫の7割程度です。
  • 冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下に維持することがめやすです。
  • 冷蔵、冷凍しても細菌が死ぬわけではありません。早めに使いきるようにしましょう。
  • 肉や魚などは、ビニール袋や容器に入れ、冷蔵庫の中の他の食品に肉汁などがかからないようにしましょう。
ポイント3 下準備
  • 調理場や台所付近のゴミはこまめに捨てましょう。
  • 調理器具が汚染されると、他の食品にも影響します。包丁、まな板、ふきんなどは洗って消毒し、清潔を保ちましょう。
  • 冷凍食品を解凍する場合はなるべく冷蔵庫で行いましょう。
  • 野菜はよく洗い、魚や肉と離して保管しましょう。
  • 食中毒予防の基本は手洗いです。肉、魚、卵などを取り扱う時は、取り扱う前と後に必ず手を洗いましょう。
ポイント4 調理
  • 加熱調理が必要な食品は、十分に加熱しましょう。めやすは、中心部の温度が75℃で1分間以上加熱することです。
  • 料理を途中でやめてそのまま放置すると、細菌が食品についたり、増えたりする原因になります。
  • 電子レンジを使う場合は、電子レンジ用の容器、ふたを使い、調理時間に気をつけ、熱の伝わりにくい物は、時々かき混ぜ、均一に加熱されるようにしましょう。
ポイント5 食事
  • 食事の前には必ず手を洗いましょう。清潔な手で、清潔な器具を使い、清潔な食器に盛りつけましょう。
  • 温かく食べる料理は温かく、冷やして食べる料理は冷たくしておきましょう。めやすは、温かい料理は65℃以上、冷やして食べる料理は10℃以下です。
  • O157は、室温でも約20分で2倍に増えます。調理後の食品を室温に長く放置しないようにしましょう。
  • 乳幼児やお年寄りなど免疫力が低下した方は、O157などの腸管出血性大腸菌に罹った場合、症状が重くなりやすく、死亡率も高くなります。これらの年齢層の人々には、加熱が十分でない食肉などを食べさせないようにしましょう。
ポイント6 残った食品
  • 残った食品を扱う前にも手を洗いましょう。残った食品はきれいな器具、皿を使って保存しましょう。
  • 残った食品は早く冷えるように浅い容器に小分けして保存しましょう。
  • 温め直す時も十分に熱くなるまで加熱しましょう。味噌汁やスープなどは、沸騰するまで加熱しましょう。
  • 時間が経ち過ぎたら、思い切って捨てましょう。ちょっとでも怪しいと思ったら、食べずに思い切って捨てましょう。

参考:大分県食品・生活衛生課 食中毒注意報

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 保健医療係
〒877-0003 〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所3階)
電話番号:0973-22-8370(直通)
ファックス番号:0973-22-8315

メールフォームによるお問い合せ