住所地外接種の手続き

更新日:2022年05月27日

新型コロナウイルスワクチンの接種は、各地域における住民向けの接種体制を構築することから、住民票所在地の市町村で接種を受けることを原則としています。

ただし、長期入院、長期入所している等のやむを得ない事情による場合には、接種を行う医療機関等が所在する市町村へ事前に届け出たうえで、住所地外で接種を受けることができます。

市町村への届出を省略できる場合

  • 入院・入所者
  • 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
  • 災害による被害にあった者
  • 勾留又は留置されている者、受刑者
  • 住所地外接種者であって、市に対して申請を行うことが困難である者

市町村への届出が必要な場合

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者

届出に必要なもの

  • 住所地外接種届出(申請書)
  • 本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証など)の写し
  • 住民票所在地の市町村が発行した接種券の写し
  • 代理人の本人確認書類の写し(代理人申請の場合)
住所地外接種届出(申請書)

申請先

日田市福祉保健部健康保険課感染症対策係

新型コロナウイルス関連相談総合窓口(日田市役所3階)

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 感染症対策係(新型コロナウイルス関連相談総合窓口)
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(日田市役所3階302・303会議室)
電話番号:0973-22-8243(直通)
電話番号:0973-22-8281(直通)
​​​​​​​ファックス番号:0973-22-8315