【令和2年7月豪雨被災者】医療機関の窓口負担が免除されます

更新日:2021年03月31日

国民健康保険、後期高齢者医療に加入している場合、次の1~5のいづれかに該当する方は令和3年1月1日以降「一部負担金免除証明書」と「保険証」を医療機関等の窓口で提示していただくことで、医療保険の窓口負担について支払いが不要となります。

【注意】

  • 療養費、入院時食事療養費、生活療養費等は対象外です。
     
  • 「一部負担金免除証明書」は事前に健康保険課・各振興局で申請が必要です。証明書は後日交付(郵送)されますので、早めに申請をお願いします。
     
  • 申請の際に免除の理由が確認できる書類を提出していただく場合があります。

 

対象者

  1. 住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方
  2. 主たる生計維持者が死亡又は重篤な傷病を負われた方
  3. 主たる生計維持者の行方が不明である方
  4. 主たる生計維持者が業務を廃止又は休止された方
  5. 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

 

 

関連資料

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 国保・年金係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所1階)
電話番号:0973-22-8271(直通)
ファックス番号:0973-22-8258

メールフォームによるお問い合せ