令和3年度子育て世帯への臨時特別支援給付金を支給します

更新日:2021年12月20日

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた子育て世帯を支援するため、18歳以下の児童一人につき、10万円の「令和3年度子育て世帯への臨時特別支援給付金」を支給します。

日田市では、10万円を現金で一括支給します。(クーポンでの支給はありません。)

1.支給対象者

対象者のうち、令和2年中の所得が児童手当と同様の所得制限限度額以内の人

  1. 令和3年9月分の児童手当受給者
  2. 16歳から18歳(平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれ)の児童の養育者
  3. 令和3年9月1日から令和4年3月31日までに生まれた児童を養育する児童手当受給者

 【注意】
給付金の支給には、所得制限があります。詳細は下記の所得制限限度額表でご確認ください。
父母等が監護していない児童については本給付金の対象外となります。(児童が結婚している場合を含む)

2.所得制限限度額

所得制限限度額表

扶養親族の人数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 622万円 833.3万円
1人 660万円 875.6万円
2人 698万円 917.8万円
3人 736万円 960万円
4人 774万円 1,002万円
5人 812万円 1,040万円

【注意】

  • 父母ともに所得がある場合は、「主たる生計維持者」の所得で算定します。
  • 扶養親族等の人数は、税法上の人数です。
  • 扶養親族等が6人以上の場合の所得制限限度額は、一人につき38万円(扶養親族等が老人控除等対象配偶者又は老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額になります。

3.支給額

対象児童一人につき、100,000円

4.申請について

(1)申請が不要な対象者

  1. 令和3年9月分(10月支給)の児童手当(本則給付)の受給者
     
  2. 高校生のみの児童を養育する児童扶養手当(ひとり親家庭への手当)受給者

支給日~(1)の対象者の場合~

お振込みは、令和3年12月27日(月曜日)を予定しています。

  • 令和3年9月分の児童手当受給者の場合
    児童手当の口座にお振込みします。
    児童手当を受給しており、かつ、高校生の児童を養育する場合、高校生の児童についても同日にお振込みをします。
     
  • 高校生のみの児童を養育する児童扶養手当受給者
    児童扶養手当又はひとり親医療費助成の口座にお振込みします。
    11月分の児童扶養手当が停止の場合は対象外のため、申請が必要です。


支給を辞退される場合は、至急こども家庭相談室にご連絡下さい。

(2)申請が必要な対象者

  1. 16歳から18歳(平成15年4月2日から平成18年4月1日)の児童のみの養育者
    児童扶養手当を受給している場合は申請不要です。
    所得制限により、支給対象外となる場合があります。
     
  2. 児童手当の現況届が未提出の受給者
    現況届の提出後、本給付金の申請が可能です。市こども家庭相談室の窓口で現況届の手続きを行ってください。
     
  3. 児童の保護者が公務員の場合
    申請には、令和3年9月分の児童手当(本則給付)を受給していることがわかる書類(支払通知書、給料明細、所属庁から児童手当が振り込まれていることが分かる通帳など)の写しが必要です。
     
  4. 令和3年9月1日から令和4年3月31日までに生まれた児童を養育する児童手当受給者
    ただし、既に児童手当の手続きが済んでいる場合は、随時お振込み予定のため申請不要です。

申請期間~(2)のいずれかに該当する場合~

上記の1から3のいずれかに該当する場合

  • 申請期間 令和3年12月21日から令和4年2月28日

上記の4に該当する場合

  • 申請期間 令和3年12月21日から令和4年4月15日 

申請場所~(2)のいずれかに該当する場合~

  • 受付場所 日田市役所こども家庭相談室窓口
  • 受付時間 午前8時30分から午後5時(土曜日・日曜日・祝日を除く)

令和4年1月11日から令和4年1月14日の間のみ、下記の場所で午後7時まで受付を行います

  • 受付場所 日田市役所6階602会議室
  • 受付時間 午前8時30分から午後7時

【注意】

申請者の9月30日時点の住所地で申請を行ってください。(新生児を除く)

また、通知等は児童の住所地に発送いたしますので、日田市内で児童と別居の方はご注意ください。
児童の住民票が日田市外の場合、日田市からの通知は届きませんが、申請者が日田市に住民票がある場合は、日田市で手続きを行ってください。

5.給付金の辞退について

令和3年9月分の児童手当受給者で、本給付金の受け取りを辞退する場合は、下記書類に本人確認書類のコピーを添付し、日田市こども家庭相談室に提出してください。

【注意】
受給拒否の届出書を提出する場合は、事前にこども家庭相談室までご連絡ください。
 

6.提出書類

申請書は1月に対象児童の住所地に送付いたします。年内に申請される場合は、ホームページからダウンロードするか、こども家庭相談室の窓口にお越しください。

  • 給付金申請書
  • 口座確認書類(申請者名義の通帳又はキャッシュカードのコピー)
  • 顔写真付きの身分証明書(申請書にマイナンバーを記載している場合、本人確認が必要となります。)
  • 令和3年度(令和2年分)の課税証明書(配偶者の住民票が日田市外にある場合のみ必要)
    課税証明は、所得、控除及び扶養人数が記載された省略なしのものが必要です。ただし、申請書にマイナンバーを記載している場合は、課税証明書の添付は不要です。
  • 本籍地が記載された児童の住民票(児童の住民票が日田市外にある場合のみ必要)
  • 所属庁から令和3年9月分の児童手当を受給していることがわかる書類(申請者が公務員で児童手当を受給している場合のみ必要)

世帯状況等により、別途必要書類が生じる場合があります。  

7.様式

8.本給付金の趣旨について

今回の給付金は国において、中学生以下については、令和3年9月分の児童手当受給者が基準となっており、高校生等は、令和3年9月30日時点で児童を養育している者を基準として支給することとされています。そのため、離婚等により、この基準前後で養育者が異なる場合、現在児童を養育している方に本給付金が届かないことがあり得ます。

本給付金の趣旨は、離婚等の場合であっても変わりません。そのため、基準前後で養育者が異なる場合、対象の児童にとって望ましい使途をよく話し合っていただき、子供たちの未来を拓く観点から、子供たちのためにご活用いただけるよう、受給者の方にはご協力をお願いします。 (内閣官房令和3年経済対策世帯給付金等事業企画室より)

9.注意事項

  • 本給付金を支給後、給付金の支給要件に該当しないことが判明した場合は、給付金を返還していただく必要があります。
     
  • 申請内容に不明な点があった場合は市こども家庭相談室より問い合わせを行うことはありますが、ATMの操作をお願いすることや、手数料の振り込みを求めることは一切ありません。もし不審な電話がかかった場合は、すぐにこども家庭相談室又は最寄りの警察署にご連絡ください。

10.お問い合わせ先

内閣府コールセンター(フリーダイヤル)

電話番号 0120-526-145
受付時間 午前9時から午後8時(土曜日・日曜日・祝日を含む)

日田市こども家庭相談室

電話番号 0973-22-8292
受付時間 午前8時30分から午後5時(土曜日・日曜日・祝日を除く)

【注意】受付について、12月29日から1月3日は除く

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 こども家庭相談室 こども家庭相談係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所1階)
電話番号:0973-22-8230(直通)
     0973-22-8292(直通)
ファックス番号:0973-22-8258

メールフォームによるお問い合せ