新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

更新日:2021年06月30日

緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯で、一定の要件を満たす生活困窮者世帯に対して「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を支給します。

支給対象者

緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯で、以下の要件を満たすもの.

【注意】生活保護受給中の世帯を除く。

(1)再貸付終了等要件(次のいずれかに該当する方)
  • 都道府県社会福祉協議会が実施する緊急小口資金等の特例貸付における総合支援資金の再貸付を受けた方であって、自立支援金の申請をした日の属する月の前月までに当該再貸付の最終借入月が到来している方
  • 再貸付を受けている方であって、申請日の属する月が当該再貸付の最終借入月である方
  • 都道府県社会福祉協議会に対して再貸付の申請をしたが、申請日以前に不決定になった方
  • 都道府県社会福祉協議会に再貸付の申請を行うために、自立相談支援機関への相談等を行ったものの支援決定を受けることができず、申請日以前に再貸付の申請ができなかった方
(2)生計維持要件

申請月の属する月において、その属する世帯の生計を主として維持している者であること

(3)収入要件

月の世帯の収入が下記の基準額を超えないこと

単身世帯  2人世帯  3人世帯 4人世帯  5人世帯
112,600円  152,000円  180,000円  218,000円  254,000円

 

(4)資産要件

預貯金が収入要件の基準額の6倍以下であること(ただし100万円以下)

(5)求職等要件

以下の1~2のいずれかの要件を満たすこと

  1. ハローワークに求職の申込をし、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと
  2. 就労による自立が困難であり、本給付終了後の生活の維持が困難と見込まれる場合には、生活保護の申請を行うこと

支給額(月額)

単身世帯 2人世帯 3人世帯以上
6万円 8万円 10万円

 

○支給期間

3か月(申請期間は7月1日(木曜日)から8月31日(火曜日)まで)

自立支援金の申請方法

申請を希望される方は以下の書類を下記まで提出してください。

  1. 本支援金の支給申請書 (市役所窓口で配布)
     
  2. 申請時確認書 (市役所窓口で配布)
     
  3. 本人確認書類の写し
    例:運転免許証、個人番号カード(マイナンバーカード)、住民基本台帳カード、旅券(パスポート)、在留カード、各種障害者手帳、健康保険証、住民票、戸籍謄本など
     
  4.  社会福祉協議会が実施する特例貸付(総合支援資金の再貸付)が確認できる書類の写し
    再貸付の借用書(控)の写し(再貸付の貸付決定通知書の写しでも可)
    【注意】不承認だった場合、不承認通知の写し
     
  5. 再貸付不承認・過去借入状況申告書(4の書類がない場合に提出)
     
  6. 収入が確認できる書類の写し【申請者分・世帯全員分】
    給与明細表、売上・経費のわかる台帳、手当・年金等の振込記録(通帳)な
    【注意】収入が無い場合は、通帳など
     
  7. 金融資産が確認できる書類の写し【申請者分・世帯全員分】
    通帳、ネットバンクの残高確認画面など
    【注意】お持ちの口座全て必要、貸付の振込確認、支援金の振込先確認にも必要
     
  8. 求職活動関係書類
    求職受付票(ハローワークカード)の写し
     
  9. 生活保護の申請をしていることが分かる書類
    保護申請書の写し(保護の実施機関の受領印があるもの
    【注意】生活保護を申請中である場合のみ

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 社会福祉課 生活福祉係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所2階)
電話番号:0973-22-8263(直通)
ファックス番号:0973-22-8258


メールフォームによるお問い合せ