日田市の滝をご紹介

涼を感じに出掛けよう

パワースポットの代表といえば「滝」。

日田市にある14の滝を紹介します。

2020年6月初旬の梅雨入り前に撮影したもので、時期によっては写真の水量よりも豊富な滝を見ることができます。

【注意】☆の数はオススメ度、▲は滝にたどり着くまでの危険(難易)度を表しています。

【注意】▲が3つ以上ある滝は、滑落の危険や電波の弱い場所にあり、助けを呼べない場合があるため、絶対に1人で行かないでください。また、長袖・長ズボン・長靴等を準備して、蛇や蜂などに十分に注意して行くようにしてください。

慈恩の滝

慈恩の滝1

オススメ度 ☆5  危険度 ▲1

慈恩の滝2

滝の裏側

慈恩の滝3

夜間ライトアップ

 天瀬町と玖珠町の境に位置し、上段20メートル下段10メートルと、合わせて30メートルの二段階式滝で、豊かな水が細かいしぶきをたてながら流れ落ちる様が勇壮です。

 別名「裏見の滝」とも呼ばれ、下段の滝に通っている遊歩道からは落下する滝の裏側を見ることもできます。また、夜間は滝全体が緑色にライトアップされるなど、幻想的な雰囲気も楽しめる名瀑です。

 5月中旬には上段の滝に通じる階段が整備され、上段の滝を間近で見ることができるようになりました。また、慈恩の滝周辺には道の駅や飲食店などもあり、ゆっくり涼める場所もあります。立地、周辺環境ともにベストの滝です。

桜滝

桜滝1

オススメ度 ☆5  危険度 ▲1

桜滝2

桜滝看板

桜滝3

桜滝ふれあい広場

 五馬高原に源流を発し、玖珠川に合流する合楽川にかかる滝で、落差約25メートル、幅約15メートルの壮大な滝です。水量が豊富で、流れ落ちる滝水が無数の非常に細かい筋になり、水しぶきが桜の花のようであることから「桜滝」という名が付けられたとされています。

 桜滝は、JR天ケ瀬駅から徒歩約5分の位置にあり、ふれあい広場や駐車場も整備されています。2019年4月には、TBS放送「マツコの知らない世界」で紹介され、滝マニアが選ぶ滝ランキングで1位に選ばれました。

観音の滝

観音の滝1

オススメ度 ☆4  危険度 ▲1

観音の滝2

観音の滝 看板

 滝の中心部が観音像に似ていることから「観音の滝」と呼ばれており、国道210号線の丸山バス停から見える滝。美しい水模様を見せながら、ゆっくりと流れ落ちる滝です。

山伏(やんぶし)の滝

山伏の滝1

オススメ度 ☆4   危険度 ▲2

 天ケ瀬温泉街の外れにある豊富な水量で流れ落ちる滝。滝の上と下から見ることができますが、下から見るには長靴が必要です。流れ落ちる音が心地よい極上のヒーリングスポットです。

楓葉(かえで)の滝

楓葉の滝1

オススメ度 ☆3  危険度 ▲3

楓葉の滝2

楓葉の滝 前看板

楓葉の滝3

楓葉の滝 案内看板

 国道210号線の新合田橋にある看板が目印。落差のある大きな滝ですが、近づいて見ることは難しいです。「楓葉」という名前の通り、紅葉シーズンに見るのがベストです。

ぞうめきの滝

ぞうめきの滝1

オススメ度 ☆2   危険度 ▲3

 東大山の舟戸の農道から200メートルほど山道を登った先にある、落差約7メートルの滝。杉林の中を涼しい風が通り抜け、滝が幾筋にも分かれて流れる様は清々しく、心が落ち着ける場所です。

権現の滝

権現の滝

オススメ度 ☆3   危険度 ▲4

権現の滝1

権現の滝 前看板

 前津江町出野地区にある御前岳を源に発する高瀬川上流に懸かる滝で、下り口に看板があります。苔や草の根付く懸崖にベールを掛ける滝で、美しい滝つぼに注がれる優美な直瀑です。

木弓(きみ)の滝

木弓の滝1

オススメ度 ☆3   危険度 ▲1

木弓の滝1木2

木弓の滝と蛙岩

 前津江町の志谷橋から見える、緩やかに流れ落ちる滝で、滝のすぐそばまで簡単に近づくことができます。滝の手前には「蛙岩」と呼ばれる巨大な蛙の形をした岩があります。

岩屋の滝

岩屋の滝1

オススメ度 ☆2   危険度 ▲5

 中津江村の平川にある滝。山奥にあり、下り口や目印はなく、滝の流れ落ちる音を頼りに探した秘境の滝です。端正な滝姿に綺麗なグリーンの滝つぼは、目を見開くほど神秘的な光景の滝です。

ササガツメの滝

ササガツメの滝1

オススメ度 ☆3   危険度 ▲2

 上津江町の笹野第9橋から見える滝で、橋の下から滝の近くまで行けますが長靴が必要です。ゴツゴツした岩肌を流れ落ちる滝が印象的で、涼しさを感じることができます。

保慶(ほけい)の滝

保慶の滝1

オススメ度 ☆2   危険度 ▲5

 「ササガツメの滝」から上流300メートルほどの位置にある滝。下り口がなく、滝に近づくことが難しいです。落差約8メートルから流れ落ちる豪快な滝です。

黄金(こがね)の滝

黄金の滝

オススメ度 ☆4   危険度 ▲1

黄金の滝

黄金の滝 看板

 上津江フィッシングパークから約1キロメートル市内寄りにある、水量豊富で落差もある大きな滝です。案内板と駐車スペースがあり、紅葉シーズンに行くのがオススメです。

風吹(かざふき)の滝

風吹の滝1

オススメ度 ☆2   危険度 ▲5

 小野地区の釡ヶ瀬集落から上流に上ったところにある滝。滝への下り口がなく、急勾配で近づくことが難しいですが、豊かな自然を感じることができる滝です。

苔平(こけだいら)の滝

苔平の滝1

オススメ度 ☆2   危険度 ▲4

 小野地区の皿山よりさらに上流の滝。途中で車を止めて、300メートルほど歩いた先にあります。倒木が多く水量が少ないですが、岩肌を流れる白糸のような滝に奥深さを感じられます。

白馬の滝

白馬の滝1

オススメ度 ☆3  危険度 ▲4

白馬の滝2

案内板1

白馬の滝3

案内板2

 伏木公園キャンプ場から数100メートル先に進むと1つ目の案内板があります。進んでいくと2つ目の案内板があるので、見落とさないように注意して進んでください。水量が豊富な2段階式の豪快な滝です。

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 企画振興部 地方創生推進課 シティセールス係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所6階)
電話番号:0973-22-8627(直通)
ファックス番号:0973-22-8250


メールフォームによるお問い合せ

更新日:2020年07月01日