被災住宅の応急修理について

 7月5日からの大雨による災害のため、住宅が半壊又は大規模半壊の被害を受け、被災した住宅の居室、台所、トイレ等日常生活に必要な最小限度の部分を応急的に修理する必要がある人は、市へご相談ください。

対象となる人

  • 今回の災害により住宅が半壊又は大規模半壊した人
  • 応急仮設住宅(みなし仮設)等に入居していない人
  • 修理した住宅での生活が可能と見込まれる人
  • 自ら修理する資力のない人(半壊の人)

応急修理の範囲

 住宅の応急修理の範囲は、屋根等の基本部分、ドア等の開口部、上下水道等の配管・配線、トイレ等の衛生設備の日常生活に欠くことのできない部分であって、緊急に応急修理を行うことが適当な箇所

  • 災害の被害と直接関係ある修理のみが対象
  • 内装に関するものは原則として対象外(例外あり)

基準額

修理限度額:1世帯当たり574,000円

【注意】同じ住宅に2以上の世帯が同居している場合は1世帯とみなします

申し込みに必要なもの

  • 住民票(世帯全員が確認できるもの)
  • り災証明書(コピー可)
  • 申込者の印鑑(認印)
この記事に関するお問い合わせ先

日田市 土木建築部 建築住宅課 公共施設整備係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所5階)
電話番号:0973-22-8218(直通)
ファックス番号:0973-22-8247

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2017年07月18日