人・農地プランの実質化に向けた工程表の公表について

 地域では、高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など「人と農地の問題」が課題となっており、5年後、10年後の展望が描けない地域が増えています。このため、地域の話し合いにより地域農業のあり方や今後の地域の中心となる経営体等を定めた地域農業マスタープラン(人・農地プラン)の作成を進めています。

 この度、人・農地プランの具体的な進め方について(令和元年6月26日付け元経営494号農林水産省経営局長)に基づき、現在の人・農地プランの区域の全部又は一部の区域であって既に実質化していると判断する区域と、今後、実質化に向けて取り組む区域の工程表を次の通り公表します。

更新日:2020年05月14日