日田市教育センター

 日田市における教育の今日的課題に対処するため、教育に関する専門的・技術的研究や研修活動の場を設定するとともに、確かで有効な情報・資料を提供しています。

 また、親や子供たちの悩みに応える教育相談等を行っています。

研究・研修部

  • 各種研修講座、講演会等の企画運営
  • 各種実技講座、研修会の運営
  • 校内研究への資料提供及び援助
  • 研修生個人研究、研修報告

(特記)

1.各種研修講座及び講演会の計画実施に関すること

 講座運営にあたっては、現場教職員の声や実態を考慮し期待に応えられるように努める。

2.教職員の個人又は各種研究グループに対する研究研修の援助に関すること

 校内研修・人権同和教育研修・障害児教育研修・自主研修グループ・個人研修等を行う。

3.研究・研修に関する資料の整理と提供に関すること

 施設・設備・資料等の情報提供を行う。

教育相談部

やまびこ電話相談画像
  • 不登校及びいじめ等の教育相談(来所相談・訪問相談)
  • 相談専用電話「やまびこ電話」の対応
  • 不登校児童、生徒の学校復帰を目指す適応教室「やまびこ学級」の運営
  • 不登校児童、生徒に対する「訪問指導」の実施
  • 問題行動への早期対応体制、「生徒指導サポート室」の運営

(特記)

1.児童生徒・家庭・学校からの教育相談に関すること

 他の専門機関とも連携を図りながら援助する。

2.「やまびこ学級」の運営に関すること

 学校・学級担任・保護者との連携を密にし、効果的に指導援助を行う。

 児童・生徒一人ひとりの「心の居場所」を保障し、「主体的な活動」を促し子供の自立を図る。

 他の専門機関とも連携を図りながら、集団への復帰を援助する。

3.家庭にこもる児童・生徒の指導援助に関すること

 状況により訪問相談・援助活動を実施する。

4.スクールカウンセラーによる相談活動の支援

5.「子どもと親の相談員」による相談活動の支援

適応指導部

 やまびこ学級では、学校に行きたくても行けない児童・生徒(怠学傾向を除く)の「心の居場所」を保障しながら、適応指導並びに相談活動を通して、自立心や社会性を育み、学校復帰の願いを実現するための援助を行います。

 以下のような方針で援助を進めます。

  • 通級を通して生活時間を一定にし、規則正しい生活を取り戻せるようにします。
  • 小集団での活動などを通して、より多くの友達と関わることができるようにします。
  • 本人の得意なことや長所などを生かし、集団の中でも自信を取り戻せるようにします。
  • 学習内容を自分で決め、ものを作ったり調べたりしながら、学ぶ喜びを実感させます。
  • 自主的な学習を通して、学ぶことへの意欲を呼び起こすように仕向けます。

 訪問指導では、学校に行きたくても行けない、また、様々な理由で「やまびこ学級」への通級が難しい児童・生徒のために、訪問指導員が家庭に出向いて、学習指導や様々な活動で支援を行います。

 また、相談活動を通して、学校への再登校や「やまびこ学級」通級実現を目指します。

 <実際の活動内容>

  • 生活リズム確立のための家庭訪問
  • 家庭学習の支援
  • 屋内活動・野外活動
  • 「やまびこ学級」通級や学校への登校の支援
  • 保護者の方との相談

資料提供部

  • 教育図書の購入、収集、整理、提供
  • 教育情報の収集、整理、提供(各種データ・図資料等)
  • 市教委および各学校作成資料(研究紀要・指導案等)の収集、整理、提供
  • 各校研究紀要、指導案等の収集、整理、提供
  • 教科書センターの運営
  • 「センター通信」の発行
この記事に関するお問い合わせ先

日田市 教育センター
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所別館1階)
電話番号:0973-22-1000(直通)
ファックス番号:0973-22-8314

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2017年03月22日