後期高齢者医療制度とは

 平成20年4月から、これまでの老人保健制度に変わり「後期高齢者医療制度」が始まりました。

 「後期高齢者医療制度」とは、高齢社会の中で将来にわたり、持続的かつ安定的な医療保険制度の運営を確保するために創設された、高齢者の独立した医療制度です。

対象・運営主体

【対象者】

  • 75歳以上の人
  • 一定の障がいがある65歳以上の人

【運営主体】

  • 平成20年4月から始まった後期高齢者医療制度の運営は、大分県の18市町村全てが加入する「大分県後期高齢者医療広域連合」が行っています。

主な変更点

後期高齢者医療制度の説明
  老人保健制度(従前) 後期高齢者医療制度(平成20年4月から)
保険 国民健康保険や被用者保険(会社等の保険)にそれぞれで加入  今加している保険から後期高齢者医療制度に加入
保険料の負担 加入している保険者に 保険料を納付

 後期高齢者医療広域連合が条例で定める保険料率で算定した保険料を納付。
 これまで、保険料の負担がなかった被用者保険(会社等の保険)の被扶養者も保険料の納付が必要になります。年額18万円以上の年金を受け取っている方は、年金からの引き落とし(特別徴収)となります。それ以外の方は、口座振替等で個別に市に納めます(普通徴収)。

【注意】ただし、介護保険料と併せて保険料額が年金額の2分の1を超える場合は、年金からの引き落としの対象になりません。

資格取得日 75歳誕生月の翌月 (1日生まれの方はその月) 75歳誕生日当日から
(老人保健制度の対象者は平成20年4月1日)

制度の仕組み・以前と変わらない点

制度の仕組み画像

制度の仕組みを表す画像

【制度の仕組み】  上の図をご参照ください。

【変わらない点】

  • 病院等に係る際の窓口での負担(一般の方は1割負担、現役並み所得者は3割負担)
  • 入院時食事療養費、高額療養費などの給付  【注意:保険料、被保険者証、医療費の負担割合、受けられる給付内容など、制度の詳細は下記のしおりでご覧いただけます】
この記事に関するお問い合わせ先

日田市 福祉保健部 健康保険課 国保・年金係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所1階)
電話番号:0973-22-8271(直通)
ファックス番号:0973-22-8258

メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年03月26日