第3次日田市地球温暖化防止実行計画(事務事業編)

 市では、市の事務事業に伴い排出される温室効果ガスの削減を図るため、「第3次日田市地球温暖化防止実行計画(事務事業編)」を策定しました。

策定の趣旨

  • 地球温暖化対策の推進に関する法律第20条の3第1項に基づく、市の事務事業から排出される温室効果ガスの削減等の措置に関する計画の策定
  • 第2次地球温暖化防止実行計画(事務事業編)の計画期間が平成24年度で終了するため

目的

 本市の事務事業の推進に伴い排出される温室効果ガスの削減を図るため、本計画において目標や取組を定めること。

計画期間及び基準年度

 【計画期間】  平成25年度~平成29年度(5年間)

 【基準年度】  平成23年度

計画の範囲

 本市が実施する全ての事務事業を対象とします。

 ただし、外部への委託や指定管理者制度等により実施する事務事業は計画の対象には含めず、受託者等に対して温室効果ガスの排出の削減等のために必要な措置を講ずるように要請します。

対象とする温室効果ガスの範囲

 二酸化炭素(CO 2)

温室効果ガスの排出状況

 平成24年度の算定(平成23年度分の温室効果ガスの算定)の結果、市の総排出量は平成18年度比で4.6%削減となりました。

 また区分別では、新・旧施設合算で6.87%削減(目標:5.27%削減)、パトリア日田で10.7%削減(目標:4.8%削減)となり、第2次実行計画の目標を達成しています。

目標

 市の事務事業の推進に伴い排出される温室効果ガス(二酸化炭素)の排出量を、

平成29年度までに平成23年度比で5%削減します。

 温室効果ガス排出量の算定・公表は、「実際の排出量」と「計画管理上の排出量」の2パターンで行います。

目標の実現に向けた8つの取組の柱

  1. 市所管の公共施設等におけるエネルギー使用量を削減するための取組
  2. 資源利用の効率化に関する取組
  3. 市役所内外を含めた3Rの推進に関する取組
  4. 公用車の使用に伴う環境負荷の低減に向けた取組
  5. グリーン購入の推進(環境負荷の少ない製品・物品の購入)
  6. 職員の環境保全意識の向上に関する取組
  7. 市所管の公共施設への再生可能エネルギーの積極的な導入及び森林整備、緑化の推進
  8. 市民・事業者への啓発活動の推進

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 市民環境部 環境課 企画推進係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所2階)
電話番号:0973-22-8357(直通)
ファックス番号:0973-22-8241

メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年03月25日