4代 廣瀬林外(ひろせ・りんがい)

生年/出身地

天保7年(1836年)/豊後国日田生まれ

入門年月日

天保14年(1843年)12月22日 8歳

塾主期間

文久2年(1862年)6月~明治4年(1871年)11月

解説

旭荘の長男。16歳で淡窓の嗣子となる。
17歳で舎長権都講となる。文久2年より咸宜園を主宰し、横田国臣や清浦奎吾など明治期の逸材を多く輩出するなど、幕末から明治初期の最も困難な動乱期に塾の経営にあたった。幕末最後の郡代窪田治部右衛門に重用される。明治3年日田県庁漢学教授。明治4年咸宜園塾舎改修後に上京する。長三洲、田代潤卿と並び「宜園の三才子」と称せられる。明治7年(1874年)39歳で死去。

(肖像画は財団法人 廣瀬資料館所蔵)

この記事に関するお問い合わせ先

咸宜園教育研究センター
〒877-0012 大分県日田市淡窓2丁目2番18号
電話番号:0973-22-0268(直通)
ファックス番号:0973-22-0268

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2017年03月22日