中島子玉

佐伯藩藩校教授

出身地・入門年

豊後佐伯出身 文化13年(1816)入門

解説

豊後佐伯藩士の長子として生まれ、佐伯藩校・四教堂に学んだ後、咸宜園への留学を命じられました。子玉の才子ぶりは門下生でも群を抜いており、一年足らずで都講(塾頭)を務めるなど、頼山陽もその才能を認めています。四教堂の教授を務めるなどしていますが、その後34歳で急死しました。淡窓は子玉を咸宜園門下第一の英才と評しています。

この記事に関するお問い合わせ先

咸宜園教育研究センター
〒877-0012 大分県日田市淡窓2丁目2番18号
電話番号:0973-22-0268(直通)
ファックス番号:0973-22-0268

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2017年03月22日