指定管理者制度

 指定管理者制度は、多様化する市民ニーズにより効果的、効率的に対応するため、公の施設の管理に民間のノウハウを活用しながら、市民サービスの向上と経費の節減を図ることを目的に、平成15年6月の地方自治法改正により創設されたものです。

 この制度が導入されたことにより、これまで公共的な団体等に限定されていた公の施設の管理運営を民間事業者を含めた幅広い団体に委ねることができるようになりました。

 市では、平成16年から本制度を導入し、行政改革に努めています。

日田市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例

日田市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則

指定管理者制度運用ガイドライン

指定管理者制度を導入した公の施設

指定管理者制度を導入した公の施設については、下記のPDFファイルをご覧ください。

地方行政サービス改革の取組状況、公の施設の指定管理者制度の導入状況

 総務省が実施した「地方行政サービス改革の取組状況等に関する調査」及び「公の施設の指定管理者制度の導入状況等に関する調査」について、日田市の調査結果をお知らせします。

 各都道府県、市区町村の調査結果につきましては、総務省のホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 企画振興部 地方創生推進課 創生企画係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所6階)
電話番号:0973-22-8223(直通)
ファックス番号:0973-22-8250


メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年05月10日