特別支援学級就学援助制度

 特別支援学級就学援助とは、小・中学校の「特別支援学級」に在級する児童・生徒、「通級指導教室」に通級する児童、通常学級に在籍する学校教育法施行令第22条の3に規定する障がいの程度に該当する児童生徒のご家庭に対して、経済状況に応じ、学用品費等の就学上必要な経費の一部を援助する制度です。

  新型コロナウイルス感染症等の影響や令和2年7月豪雨により、収入が著しく減少し諸学費に困っている世帯も申請ができます。

【注意】学校教育法施行令第22条の3の詳細は下記関連ファイルをご覧ください。

特別支援学級就学援助の対象

  1. 市民税が非課税か減免を受けている世帯
  2. 児童扶養手当の支給を受けている世帯
  3. 生活保護が廃止又は停止になったが、なお生活が苦しく諸学費に困っている世帯
  4. 前年中の世帯全員の総所得金額等の合計額が認定基準額以下である世帯
  5. 病気や災害などの特別な事情により収入が著しく減少し、諸学費に困っている世帯

【注意】5については、新型コロナウイルス感染症等の影響によって収入が著しく減少し諸学費に困っている世帯は前年中の所得ではなく、現在の収入により審査を行うことが可能です。

【注意】収入基準額は、家族構成や年齢によって細かく異なります。通級指導教室に通級の場合は、認定基準以上の所得でも対象となりますが、支給額が半額になります。

特別支援学級就学援助の内容

援助の内容(市教育委員会が予算に基づき決定)
費目 小学校 中学校
学用品等購入費 5,760円以内実費支給 11,255円以内実費支給
新入学学用品費
(1年生のみ)
25,300円以内実費支給 28,700円以内実費支給
修学旅行費 10,680円以内実費支給 28,570円以内実費支給
学校給食費 実費×1/2 1・2年生 実費×1/2
3年生 実費×1/2
通学費
【注意】通級に係る児童のみ

実費又は実費×1/2(所得基準による)

【注意】学校給食費については、令和2年度に限り7月以降の学校給食費は無償となっています。 

支給に係る注意事項

  • 支給額は実際にかかった経費の2分の1となります。
  • 「新入学学用品費(1年生のみ)」と「学用品等購入費」は学用品や通学用品の購入実績に応じて支給します。よって、購入した際の領収書・レシート等(購入商品名記載があるもの)の提出が必要となります。
  • 令和2年度入学者の「新入学学用品費」については、平成31年4月~令和2年4月までに購入し、入学に必要なものであると市教育委員会が認めたものが対象となります。ただし、就学援助制度の「入学準備金」を受給した人は「新入学学用品費」の支給はありません。
  • 「学用品等購入費」については、令和2年2月以降に購入し、就学に必要なものであると市教育委員会が認めたものが対象となります。
  • 学校への領収書等の提出時期は、9月中旬を予定していますので、紛失しないようご留意ください。

特別支援学級就学援助の申請

 援助を希望する人は、令和2年度特別支援学級就学援助費支給申請書、マイナンバー届出書、通帳のコピーを教育委員会まで提出ください。マイナンバーカードを作成していない場合の提出書類は、本人確認書類の例を参考にしてください。

【注意1】

  • 前年度に援助を受けた人も、次年度の援助を希望する場合は、新たに申請が必要です。
  • 中学校卒業以上の世帯員のマイナンバーの記載及び確認書類の提出が必要です。

【注意2】

  • 新型コロナウイルス感染症等の影響により収入が著しく減少し諸学費に困っている世帯については、現在の収入を証明できる書類等の提出が必要です。

認定月

学校教育課が書類を受理した月

認定となった場合、認定された月からの支給です。  郵送での提出の場合、月末に投函し、翌月に書類が到着したときは、認定月は書類が到着した月となります。

<申請時の注意点>
所得申告をしていない人は、認定できない場合があります。必ず税務署又は市税務課で申告してください。ただし、給与所得のみの人で、勤務先の会社から税務署に給与報告が提出される場合は、申告が必要ない場合があります。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 教育庁 学校教育課 学務係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所別館2階)
電話番号:0973-22-8221(直通)
ファックス番号:0973-22-8270

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2020年07月16日