新型コロナウイルス感染予防のために徹底してほしいこと

新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起(8月19日更新)

大分県内でも感染者が確認されたため、感染予防の徹底を!

 大分県内において、新型コロナウイルスの感染者が多数確認されています。

 県外での行動や県外の人との接触によって感染する例が多く見受けられます。

 今後、感染拡大のリスクが高まることが考えられるので気を緩めることなく、各地域の感染状況にも十分留意し、日々の感染予防にご協力ください。

 感染予防のため、密閉・密集・密接の3密を避け、手洗い・マスクの着用を引き続きお願いします。

 風邪症状があるときは、無理をしないで学校や会社を休み、外出を控えてください。

  • 高齢者や基礎疾患のある人は、人混みや不要不急の集まりへの参加はできるだけ避けてください。
  • イベントや行事等を主催する場合は、会場の入口に手指消毒液を置くなど、可能な範囲での対応をお願いします。
  • 多くの人が集まるイベントや行事に参加する場合は、一人ひとりが、こまめな手洗いや咳エチケットに心掛けてください。
  • 換気のよくない場所や人が密集する場所で、集団感染が確認されています。以下の3つの条件が同時に揃う場所や場面を予測し、できるだけ避ける行動をとってください。
    1.密閉空間であり換気が悪い
    2.多くの人が密集している
    3.近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声がある

 

 

新型コロナウイルス接触確認アプリ

 新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した可能性について、通知を受けることができるスマートフォンのアプリがあります。詳細は下記をご覧ください。

新しい生活様式
熱中症予防

新型コロナウイルス感染予防の徹底を

 6月19日から、県境を越える移動自粛が全面的に解除されるなど、社会経済の活動レベルが次の段階を迎えました。しかし、九州管内を見ても新たな感染者が発生しており、感染リスクがなくなった訳ではありません。
 これからも、マスクの着用や入念な手洗い、3密を避けるなどの「新しい生活様式」を実践して、新たな日常をつくり上げていくことが必要ですので、引き続き市民の皆様には下記のとおり予防の徹底をお願いします。

徹底してほしいこと

  1. 感染者が多数発生している地域への移動については慎重に行うこと。
  2. 人との間隔はできるだけ2メートル空け、会話をする際は対面を避けるなど、新しい生活様式を実践すること。
  3. 入念な手洗いや咳エチケット、外出時のマスクの着用等を徹底すること。マスクについては、屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できれば、適宜はずすことも可。
  4. 「換気の悪い密閉空間」、「多くの人が密集する場所」、「近距離での会話」の3つの条件が重なる場所を避けること。
  5. 発熱や風邪症状がある場合は無理をせず仕事を休み、外出を控えること。

外部リンク

新しい生活様式(大分県ホームページ)

大分県におけるPCR等検査実施人数及び患者状況(大分県ホームページ)

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 新型コロナウイルス関連相談総合窓口
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(日田市役所3階302・303会議室)
電話番号:0973-22-8243(直通)
電話番号:0973-22-8281(直通)

更新日:2020年08月19日