浄化センター

浄化センター

 日田市浄化センターは、下水道の終末処理場です。
 昭和56年に供用を開始し、一般家庭排水、事業所排水、工場排水を1日に約16,000立方メートル処理して三隈川に放流しています。

 汚水は微生物を利用した標準活性汚泥法で処理し、濃縮・消化して汚泥脱水機と天日乾燥床で処理しています。そして、汚泥の処分は、セメントの原料(一部堆肥化)としてリサイクルしています。

 また、汚泥処理過程で発生する消化ガスを利用した消化ガス発電や、処理水を利用した小水力発電、太陽光発電を設置していますので、再生可能エネルギーの活用を身近に見学することができます。

マイクロガスタービン発電機

マイクロガスタービン発電機

 汚泥処理中に発生する消化ガス(メタンが主成分)を燃料としたマイクロガスタービン発電機です。

 平成23年度に設置し、定格出力は95キロワットで1時間に55.5立方メートルの消化ガスを使用します。

太陽光発電発電設備

太陽光発電発電設備

平成14年度から稼動している太陽光発電設備です。
 発電パネル168枚は、浄化センター入り口に設置しています。定格出力は20キロワットです。

小水力発電設備

小水力発電設備

 処理水を三隈川へ放流する直前の放流堰(せき)の落差約1.5メートルを利用した小水力発電設備です。
 平成23年度に設置し、定格出力は3.7キロワットです。

施設見学について

施設見学申込みについては、下記電子申請からお願いします。

 

浄化センターからのお願い

 排水設備(トイレ・お風呂・流し台)の排水口から異物を排出しないよう注意を呼び掛けています。

 排水口にはごみ取り目皿を必ず設置し、定期的な清掃を心掛けてください。油類は適正な処理を行い、排水として流さないよう注意してください。

 異物(オムツ、タオル、玩具、油類等)の侵入により、マンホールや配管・ポンプが詰まり、汚水があふれ出すことがあります。

 万が一流してしまったときは、下記の連絡先まで連絡してください。

この記事に関するお問い合わせ先

日田市 上下水道局 施設工務課 施設係
〒877-0077 大分県日田市大字友田717番地1(日田市浄化センター内)
電話番号:0973-24-3350(直通)
ファックス番号:0973-24-3411

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2020年06月25日