指定給水装置工事事業者制度が更新制となりました

 指定給水装置工事事業者の資質の維持・向上を目指して、令和元年10月1日から「水道法の一部を改正する法律」が施行され、現行の指定給水装置工事事業者制度に指定の更新制が導入されました。

 この改正法により、指定の有効期間が従来の無期限から5年間となることから、指定給水装置工事事業者の皆さまにおかれましては、給水工事事業を継続する場合、有効期間内に指定の更新申請を行う必要があります。

 また、指定の更新申請時に、上下水道局では、皆さまから事業運営等の4項目について確認をさせていただきます。

1.初回の有効期限  

【注意】指定の有効期間は、指定を受けた日によって異なります。

指定を受けた日 指定番号 初回の有効期間
平成10年4月1日~平成11年3月31日 第 1 号~第 38号 令和2年9月29日まで
平成11年4月1日~平成15年3月31日 第39号~第 53号 令和3年9月29日まで
平成15年4月1日~平成19年3月31日 第54号~第 68号 令和4年9月29日まで
平成19年4月1日~平成25年3月31日 第69号~第 84号 令和5年9月29日まで
平成25年4月1日~令和元年9月30日 第85号~第105号 令和6年9月29日まで

 

2.指定更新の基準

指定更新の基準は、指定の基準(水道法第25条の3)に準拠することになっています。

  1. 事業所ごとに給水装置工事主任技術者を選任すること。
  2. 切断用・加工用・接合用の機械器具及び水圧ポンプを有すること。
  3. 欠格要件に該当しないこと。
この記事に関するお問い合わせ先

日田市 上下水道局 施設工務課 水道係
〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6番1号(市役所5階)
電話番号:0973-22-8237(直通)
ファックス番号:0973-22-8247

メールフォームによるお問い合せ

更新日:2020年01月24日